ペンタスの画像

ペンタスの育て方|種まきの時期や冬越しの仕方は?

  • アカネ科
  • ペンタス属
ペンタスの育て方|種まきの時期や冬越しの仕方は?の画像

夜空に光る星が集まっているかのような花が咲くペンタスは、名前の由来も単純なので覚えやすいです。ほぼ一年を通して花の鑑賞をすることができます。そんな可愛らしい花を咲かせる、ペンタスの育て方についてご紹介します。

ペンタスの日当たり

ペンタスは日当たりの良い場所で育てましょう。

ペンタスは夏の暑さには耐えることができるため、日よけをする必要はありません。むしろ、日の光が当たらない場所で育てていると、花のつき具合が悪くなることがあります。また、茎が間延びする原因にもなります。

直射日光にあたっても、水の管理をきちんとすれば花を咲かせるので、日当たりに関してはあまり心配する必要はありません。

ペンタスの水やり

夏の水やり

ペンタスは湿った土を嫌うので、水のやりすぎは根腐れを起こして萎れる原因になります。

そうならないためにも、夏場は土が乾いてからたっぷりと水を与えましょう。気温が上がらなかったり、土が乾いていなかったりしたときは水やりを控えます。

1日に2回与えるのが目安ですが、様子を見ながら水やりをしましょう。

真夏は水切れを起こす確率が高いのでその場合は、萎れている葉を見ても慌てずに水を施しましょう。

冬の水やり

冬は低温期に入るため、ペンタスの生長が衰えます。自ずと水の吸収量も鈍るので、あまりにあげすぎていると根腐れになり枯れてしまいます。

冬場も様子を見ながら水をやりましょう。冬の目安としてはやや乾燥気味に管理してあげてください。

ペンタスの肥料・追肥

ペンタスは主に開花時期に当たる春から秋にかけて、肥料を費やします。花を咲かせている期間に肥料が途切れてしまうと、花つきに悪影響を及ぼすので注意して育てましょう。

肥料は液体肥料を月に2回程度を水の代わりに使います。固形肥料をまくのであれば、窒素・リン酸・カリが統一した量の肥料を置き肥します。

冬には肥料を与えなくて構いません。真夏の暑い時期に肥料を与えてしまうと、立ち枯れになりやすくなるので避けましょう。

ペンタスの土

ペンタスを育てるときは、水はけのよい土を選びましょう。

小粒の赤玉土と腐葉土とパーライトを6対3対1の割合で配合します。市販で売られているゼオライトと呼ばれる根腐れ防止剤を含ませておくと良いでしょう。市販の花と野菜の培養土を利用もできます。

ペンタスの植え替え・植え付け・種まき

ペンタスは1年〜2年に1回は植え替えをしましょう。生育旺盛な植物ですので、放っておくと根詰まりを引き起こしてしまいます。

ペンタスの植え替えは、開花が始まる5月に行います。伸びすぎた枝を半分ほど切り戻します。そして、植えていた鉢などから取り出し、ついている土を半分落とします。

長く伸びている根は切って、新しい鉢に植え替えてあげましょう。

ペンタスは種まきで育てることも可能です。5月に入って20度を超えたら種まきを始めましょう。発芽まで乾かさないことに気をつけながら管理しましょう。

ペンタスの冬越し

ペンタスにとって夏の暑さに強い一方、冬の寒さには弱い植物です。

冬でも温かくなる地域であれば、ベランダや戸外でも気にならずに冬越しをすることができます。ただし、基本的には冬の時期は、ペンタスを室内に取り込んで、日当たりの良い場所で管理してあげると冬越しもできるでしょう。

ペンタスの増やし方(挿し芽)

ペンタスの増やし方では、「挿し芽」を行うと良いでしょう。適期は5月〜9月の間です。

茎や葉を二葉が3〜4セットあるところをばっさりと切ります。余分になる水を蒸発させないために葉を切りつめていきます。

清潔なポットに割り箸などで穴を空けて、その部分に切り取ったさし芽を挿します。挿したら半日陰で管理します。芽が出てきたことを確認したら小さな鉢に植え替えます。ワキ芽を出させるために伸びた茎の先端を摘みます。

ペンタスの育て方で注意すべき病気・害虫

ペンタスがかかりやすい病気には、灰色かび病と立ち枯れ病があります。

灰色かび病は茎や葉が溶けていくように腐って灰色のカビが付着します。主な原因は風通しが悪く過湿にしていると引き起こしやすいです。

立ち枯れ病には、日中でも萎れてしまい、悪化すると下葉から徐々に変色し、株全体にそれが広がり立ち枯れを起こします。こちらの原因も風通しが悪いことが考えられます。

害虫には、カイガラムシに注意しましょう。

ペンタスの管理温度

ペンタスは夏の暑さには強いので、春から秋にかけては気温に関しては問題ありません。

ただし、ペンタスは冬の寒さに弱いため、越冬をさせるには5〜6度以上は必要な温度となっています。日当たりの良い室内で管理するか温室をつくってあげましょう。

ペンタスの花

ペンタスの花は、空に浮かぶ星のように五芒星の形をしています。花の直径が1cmにしかならない小さい花ですが、傘のように花を咲かせます。花の中心には、2つの雄しべが顔を出しています。

その集中した花は30〜40輪にもなります。

花の色は赤や白のほかにパープル、ピンクの色が咲きます。開花時期は5月〜10月にかけて長いスパンで咲きます。

ペンタスの花言葉

ペンタスには「希望が叶う・願い事・夢が叶う・誠実・博愛」といった花言葉があります。

希望は叶うや願い事には、ペンタスの花の形であり5角形の星に見えることからつけられています。流れ星のイメージですね。受験や恋を叶えたり、夢を実現したい人は願いが叶うかもしれませんよ。

ペンタスの名前の由来

ペンタスという名前には、ギリシャ語の「5」の意味がある「Penta(ペンテ)」という言葉からつけられました。花の形が五芒星の形をしていることから因んでます。学名も「Pentas lanceolata」とペンテが入っています。

また、ペンタスには和名で「クササンタンカ」という呼称があります。クササンタンカとつけられた理由には、同じ分類のアカネ科のサンタンカも星の形をした花を咲かせ、類似している草花であることから名付けられました。

サンタンカは木であるため、ペンタスには「クサ(草)」が前についています。漢字で書くと「草山丹花」になります。花が傘のように集合して咲く様子から英名では「star cluster」と呼ばれています。star clusterは星団という意味です。

ペンタスの花で花壇や庭を彩ろう!

星の形をした可愛らしい花を雨の日に使う傘のように集合して咲くペンタスについてご紹介しました。春・夏・秋にかけて長期間咲き続けるので鑑賞するのも楽しめます。

あまり難しい育て方ではないので初心者にも育てやすいでしょう。花に願いを念じて叶えてもらいませんか。

※トップ画像は砂しゃんさん@GreenSnap

ペンタスの新着コラム

ペンタスの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
別名
クササンタンカ
原産地
東アフリカ〜アラビア

ペンタスの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ペンタスの新着投稿画像

みんなのペンタスの育て方

ペンタス

ペンタス

ペンタス

kaz

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード