コチレドンの画像

コチレドンの育て方

  • ベンケイソウ科
  • コチレドン属
コチレドンの育て方の画像

コチレドンは南アフリカ原産の多肉植物です。育てやすい植物であり花色もピンクやオレンジなどのようにいろいろとあります。秋になると紅葉するのも特徴。

品種も多いコチレドンですが、ここではそんなコチレドンの栽培方法を一から解説していきます。

コチレドンの育てる場所

日当たりの良い場所で育てます。夏場はあまり直射日光に当てないように育ててください。窓際やベランダで育てると良いでしょう。

寒さにはそこまで強くないので霜が降りてきたら室内に取り込みます。しかし、冬場でも日に当てないと成長しにくいので冬場も日に当たるところに置いておきましょう。

コチレドンの水やり

通常は表土が乾いてきたらみずをたっぷりと与えます。冬季になると休眠するので水やりを控えます。

肥料

植え終わったら緩効性肥料を与えても構いません。なくてもよく育ちます。

用土

多肉植物用の用土をおすすめします。

病害虫

さび病

さび病はコチレドンがかかる病気の中でも最も厄介なものです。さび病になると治療できずに枯れてしまうことも。

根詰まり

根詰まりは植え替えの怠りによって起こります。毎年適切に植え替えをするようにしてください。また、植え替えを適切にすることで他の病気も防げるようになってきます。

アブラムシなど

アブラムシやハダニなどが発生することがあります。虫が発生したら殺虫剤などで対処しましょう。早めに虫は退治して増やさないようにするのが大事です。

冬場に枯れる

コチレドンはあまり寒さにつよくありません。そのため、冬場に戸外で栽培していると株が凍結することがあります。凍結すると枯れることもありますが、問題なく春に芽が出てくることもあります。基本的に冬季は室内で育てるようにすると良いでしょう。

コチレドンの植え付け・植え替え


4月から5月もしくは9月から10月に植え付けます。なるべく春先に植えるのが育てやすさからいってもおすすめです。

植え替えについて

植え替えは春先に行います。こち渡連はかなり根が伸びるので一年に一回は植え替えをしましょう。また、植え替え時には一回り大きい鉢を用いておきます。植え替えを怠ると土壌が痩せてしまったり根詰まりなどを起こします。

コチレドンの増やし方

基本的に挿し木で増やします。挿し木は春に行いましょう。挿し木に用いる枝は元気でしっかり葉がついているものを用います。枝を切り取ったら切り口を数日乾かしてから用土に挿します。

他にも種まきでも増やせます。花が咲いたら人工授精させましょう。花が終わった後に蕾が茶色くなってきたら収穫時期です。種を撒いたら霧吹きをしつつ半日陰で管理します。

コチレドンの手入れ

コチレドンはアブラムシやカイガラムシなどが付きやすいです。もしもこうした虫がいたら取り除きましょう。特に花芽などが出てくる時期に発生しやすいので気をつけておきたいところです。他にもコチレドンは乾燥させないように育てていきましょう。

コチレドンの種類

コチレドンは実に多様な品種があります。ここではその一部を紹介します。

熊童子

一般的な品種の一つです。産毛が生えているのが特徴です。サボテンのような見た目があります。

箱入り娘

ふっくら娘などと呼ばれることもあります。白色の多肉をつけます。かなり印象的なので人気な品種の一つです。

銀波錦

他の品種にはない独特なシワ模様が特徴です。葉は緑色。比較的育てやすいです。かなりポット苗の金額も高く他の品種の10倍近くかかることも。

オービキュラータ

オービキュラータは赤色の花をつけます。

ペンデンス

緑の葉の先っぽが赤くなっているのが特徴です。〇〇とした葉をつけるのが特徴。

白美人

名前の通り白色の多肉をつけます。花も可愛らしいです。値段はかなり安いのでお求めやすいことでしょう。ポットあたり100円程度で手に入ることも。

ティンカーベル

赤と黄色が混じった花を咲かせます。かなり小さくかわいらしい花です。開花は3月から4月。かなり鮮やかなので園芸品種としても人気が高いです。

コチレドンとチレコドンの違い

コチレドンとよく似た名前のチレコドンという植物もあります。こちらもコチレドンと同じベンケイソウ科ですが、見た目はかなり違います。チコレドンは寒冷なところでも強いですし、つける葉も特徴的です。

まとめ

「枯れない愛」という花言葉もあるくらい手間がかからず枯れにくいのが特徴なのがコチレドンです。コチレドンは見た目が特徴的ですし、多肉植物の中では育ちやすくなっています。小さくて室内やベランダでも育てやすいのでもしも多肉植物を育てたい際には入門としてトライしてみると良いでしょう。

※トップ画像は陽だまりの猫さん@GreenSnap

コチレドンの新着コラム

コチレドンの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
コティレドン
原産地
南アフリカ、アラビア島

コチレドンの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや弱い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

コチレドンの新着投稿画像

みんなのコチレドンの育て方

熊童子(コチレドン属) 葉挿し・挿し芽

Photo By きゃん

コチレドン

コチレドン・熊童子

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエの育て方へ カランコエの花言葉へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木の育て方へ 金のなる木の花言葉へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテンの育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウムの育て方へ アデニウムの花言葉へ

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... リトープスの育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード