夏植え・夏まき野菜の種類|家庭菜園で初心者におすすめな品種15選

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2020.06.25

5月の初夏から9月の晩夏まで、夏に苗植え・種まきをして栽培する野菜は、早いものでは夏から秋、多くは秋から冬にかけて収穫を楽しめます。夏の太陽をうけて育つ、栄養豊富でとれたて新鮮な野菜を味わえるのは、家庭菜園の醍醐味です。

今回は、家庭菜園でおすすめの夏植え・夏まき野菜をご紹介します。

夏植え・夏まき野菜の栽培のポイント

水切れや乾燥・高温に注意

夏場は強い日照りで水分が蒸発しやすく、植物も活発に水分を吸水しているので、土が乾燥しやすく、水切れを起こしやすいです。露地栽培でも、乾燥した日が続くようであればたっぷりと水をあげましょう。

またマルチを張ったり、敷きわらをしいて、温度上昇を防止するのもおすすめです。

夏場の水やりは朝夕2回が基本

夏場の水やりは日中にあげてしまうと、土の中が蒸し風呂状態になり、生育に悪影響を及ぼします。水やりをするのであれば、朝8時までの涼しい時間帯や、16時以降の夕方などを選びましょう。プランター栽培なら、土の状態をみながら朝夕2回あげるいいです。

病害虫対策をしっかりとする

5月から過ごしやすい時期になってくると、害虫も活発に活動し始めます。特にアブラムシ、ヨトウムシ、ハダニなどに気をつけるといいでしょう。

また、夏は蒸し暑く、過湿状態になりやすいので、混み合った部分を間引きや剪定をして、風通しをよくすることで、病害虫防止にもつながります。

夏まき&夏植え野菜:5月~6月編

トマト


トマトは育苗が難しいので、苗を購入して栽培を始めましょう。トマトは日当たりと乾燥を好むので、水のあげすぎには注意が必要です。初心者は病害虫に強い品種を選ぶのがおすすめです。

>>トマトの育て方<<

モロヘイヤ


モロヘイヤはネバネバ野菜の代表として、高い栄養を含んだ健康食材です。5月くらいの暖かさが安定した時期に種まきしましょう。虫がつきにくく、丈夫なので、家庭菜園初心者にもおすすめです。

>>モロヘイヤの育て方<<

キュウリ


きゅうりの種まきは4月が適期ですが、苗植えは5月が適期です。つる性の植物なので、収穫もできるグリーンカーテンとしても使えます。栽培自体は難しくないですが、誘引や支柱たてなどの手間が少々かかります。

>>キュウリの育て方<<

ゴーヤ


ゴーヤも種まきは4月が適期ですが、苗植えは5月下旬が適期です。病害虫に強くて育てやすいですが、つるの発達が早いので、とこどき整枝して、風通しを保つといいでしょう。開花後20日を目安に、完熟する前に収穫をする野菜です。

>>ゴーヤ(ニガウリ)の育て方<<

コマツナ(小松菜)


小松菜は3月から10月にかけて、暖かい時期であればいつでも種まき、収穫ができる野菜です。栽培期間が短いので、他の野菜との間作や混作にも向いています。大きくなりすぎると葉が硬くなるので、早めの収穫するのがおすすめです。

>>コマツナの育て方<<

アイスプラント


アイスプラントは多肉植物のひとつで、塩分のつまった水泡を茎葉につけた野菜です。歯ごたえがプチプチしていて、次第にとろりとしてくる新食感で人気を集めています。水耕栽培でも簡単に育てることができます。

>>アイスプラントの育て方<<

フダンソウ(スイスチャード )


フダンソウは茎部分が赤、白、黄色、オレンジなど、色彩豊かに染まるホウレンソウの仲間です。栽培期間が短いので育てやすく、観賞用に育てても楽しめます。4月から9月にかけて種まきが可能です。

トウモロコシ


トウモロコシは5月くらいの暖かい時期に種まきをしましょう。家庭菜園での栽培の場合は、人工授粉など手間が少々かかりますが、栽培自体は簡単です。雄穂がついてから収穫までは、とくに水をきらさないようにあげていきます。

>>トウモロコシの育て方<<

夏まき&夏植え野菜:7月~8月中旬編

ニンジン(人参)


ニンジンは7月が種まきの適期です。栽培期間が多少長いですが、栽培自体は簡単です。生育初期の成長スピードがゆっくりなので、このころは雑草取りなどを行って、養分を取られないように注意しましょう。

>>ニンジンの育て方<<

ダイコン(大根)


ダイコンは丈夫で土質をあまり選ばないので、案外栽培難易度は低いです。ただし深めに土を耕したり、土囊袋など深さがある容器で栽培することが大事です。サイズや形、煮物向き、生食向きなど、品種が多数あるので、目的にあった品種を選びましょう。

>>ダイコンの育て方<<

ハクサイ(白菜)


ハクサイは冷涼な環境を好むので、8月下旬〜9月の暑さが落ち着いた時期に種まきをしましょう。病害虫の被害にあいやすいので、植え付けした後は寒冷紗などでおおって予防しましょう。また、アブラナ科の連作障害にも注意が必要です。

>>ハクサイの育て方<<

キャベツ


夏に種まきをして収穫する秋冬キャベツは、ぎっしりとつまりがよく、葉肉が厚いので煮物系に向いています。害虫の被害にあいやすいので、植え付けしたら秋までは防虫ネットや、寒冷紗などを使って対策が必要です。

>>キャベツの育て方<<

ルッコラ


ルッコラは種まきから収穫までが30〜40日ほどと、とても短くて育てやすいです。梅雨を除いた初夏ごろにも種まきができます。雨に弱いので、梅雨期には雨よけをしたり、直射日光が当たる場合には遮光してあげると、なおよいでしょう。

>>ルッコラの育て方<<

夏まき&夏植え野菜:8月中旬~9月中旬編

ミズナ(水菜)


ミズナはシャキッとした食感が、加熱してもなくなりにくいため、鍋物やサラダでも人気の京野菜です。9月に種まきをして11月のはじめには収穫ができます。栽培初期は害虫の被害にあいやすいので、寒冷紗などをかけてあげるといいでしょう。

>>水菜の育て方<<

ジャガイモ


ジャガイモは栽培期間が短く、土質を選ばないので、栽培難易度は低いです。市販のジャガイモを種イモとして使え、収穫量も多いので栽培も楽しめます。光に当たるとイモが緑化してしまうので、都度、土寄せが必要です。

>>ジャガイモの育て方<<

ホウレンソウ


ホウレンソウは9〜10月に種まきをします。種まきから2〜3週間ほどで栽培ができ、その後も次々と伸びるので、コストパフォーマンスの高い野菜とも言えます。耐寒性が高いので冬でも育てられます。

>>ホウレンソウの育て方<<

夏に野菜の種まき・苗植えをして、秋口の収穫を楽しもう!

野菜の栽培適温はほとんどが20〜30度です。気温30度以上にもなる日本の夏は、野菜にとって、農作業をする私たちにとっても、厳しい時期です。
野菜にも自身にも、しっかりと暑さ対策をして、秋口の収穫を楽しみましょう。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

野菜に関連するカテゴリ

野菜の関連コラム

野菜の新着投稿画像

fleur

68

最近雨が続いていましたが、今日は雨が止んでいたので、枝豆を収穫しました。 豆の味が濃くて美味しかったです😋

ひな

35

今日の収穫(*´ч ` *) 久々に畑に行くことが出来ました! どうなったかと心配でしたが、トマトが少ししなってた以外は特に問題なく元気に育ってくれていました。 良かった(♥´꒳`*) 今年は...

とらうさぎ

11

かぼちゃの垂直栽培。 北海道の親類が40年間選抜したというかぼちゃの種が8年ぶりに発見されたので、復活させるべく栽培中。 昨日誘引したのですが、翌朝8時には葉の向きが太陽を向いてました。植物すごいです...

おのたん

78

凄いです‼️こんでもかぁーー😆 ってほど入っていました。 えぇ〜って言葉になりません。 グランちゃーーん、     ありがとうございましたーーーー😊 全部、嬉しい!かわいい、美味しい。 なんだけ...

rico

63

🩸豆🩸 豆切ったら指も切った😥🩸🩸🩸 .

かげさゆ

24

『3人家族なら野菜の苗は3株ずつ』 フルーツトマト、ピンキー、サントリーシュガーミニを1株ずつ植えました。 大きくなってから欠いた脇芽も植えて着果し、今日の収穫がこんなに🤩 充分です。 実家の...

バンビーナ

173

甘味が抑え目のミニトマトなのでパセリと合わせてお塩、オリーブオイルで🥗🍴 普通のトマトの方がやっぱり合う気がするけど、これはこれで👍 自家製パセリを食べるようになって、あまり好きではなかった...

しおん

29

今日は天気が良くなった合間にオクラの花が なかなかこの雨続きに開かなかった ハイビスカスみたいな大きな黄色の花で 一日花でも受粉できるたくさんの花粉が見える 実がつくのも早くて数日で食べれるサイズの...

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード