ハイビスカスの画像

ハイビスカスの育て方|真夏や冬に注意すべきことは?

  • アオイ科
  • フヨウ属
ハイビスカスの育て方|真夏や冬に注意すべきことは?の画像

南国気分に浸れる花でも有名なハイビスカスと言う植物があります。

沖縄県でもよくハイビスカスのグッズや柄ものが販売されて身近に感じることが多いです。

そんなハイビスカスはどのようにして育てるのでしょうか。ハイビスカスの育て方をご紹介していきます。

ハイビスカスの日当たり

ハイビスカスを育てるときは、日当たりのいい場所で管理することが大切です。

春〜秋の時期にかけては、日当たりの良い所に置きましょう。直射日光も好みますので日光に関しては何の問題もありません。ハイビスカスは日を当ててあげないと蕾がつかなくなる恐れがあります。

ただし、暑さに強いイメージがあると思いますが、夏場に30度以上の気温が継続していると株は弱まってしまいます。30度以上が続く日は、通風のある涼しい場所(日陰など)に移動させましょう。

ハイビスカスの置き場所

春から秋の時期は、基本的に日当たりの良い戸外での管理となります。

ハイビスカスの耐寒気温は12℃以上といわれているので、越冬をすることもできます。

越冬をしたい場合には、気温が段々と寒くなってくる季節に入ると枯れてしまいますので、その前に室内へ取り込み、日の当たる室内で管理するようにしましょう。

室内で管理するさいの注意点として、暖房を利かせている場合や暖房の近くに配置している場合は、暖房の風に当たらないようにすることが挙げられます。

暖房をかけている時間帯は良いのですが、外出して暖房を切っているときの部屋の気温にも注意してください。暖房を切っている間に5℃以下になっていると一日で枯れてしまいます。

ハイビスカスの水やり

夏の時期

夏は、ハイビスカスの水やりをしっかりとやりましょう。あげるタイミングは土が乾いていたら水をたっぷり与えます。

夏の水やりは朝と夕方の2回行います。昼に水やりをしてしまうと高温の外気にやられて沸騰し根が傷みますので避けましょう。

ハイビスカスの開花は5月に入ってから11月の中旬までとなり、花が咲いている時期は水切れにならないように気をつけてあげましょう。水切れが起こると蕾が花を開く前に落ちてしまいます。

冬の時期

ハイビスカスを越冬させるためには、水やりにも注意が必要です。

冬の水やりは控えるようにしましょう。水をやりすぎてしまうと腐ってしまいやがて枯れます。

水やりのタイミングは、土が乾いてからすぐではなく、数日経ってからです。冬に室内に管理しているときは霧吹きを使って葉に水を吹きかけてあげましょう。

ハイビスカスの肥料・追肥

5月〜10月の生育期は、月に1回程度ゆっくり効く肥料を施しましょう。ゆっくり効く肥料には、緩効性化成肥料や油かすや米ぬかなどがあります。

ハイビスカスに元気がないときは液体肥料を施しましょう。液体肥料には、有機肥料と化成肥料の2つがあり、水に薄めて使ったり直接土に費やす方法があります。

ハイビスカスは一日花と呼ばれる花で、その特徴は咲いたその日に萎む儚い花です。肥料を与えてあげないと花を咲かせる力が不足し花のつき方がが悪くなってしまいます。

そのため液肥は欠かさず与えてあげましょう。

ハイビスカスの土

ハイビスカスの栽培には、水はけの良い土を選ぶようにしましょう。地植えでも鉢植えにしていても一緒です。市販で売られている「花と野菜の土」を購入すると良いでしょう。

配合土を作るのであれば、中粒の赤玉土と腐葉土を6対4の割合で混ぜましょう。水はけをより良くするのであれば、バーミキュライトを加えましょう。赤玉土は5で腐葉土を3にしてバーミキュライトを2割程度混ぜてつくります。

また、農作物がよく出来る土地の肥えた土も好みます。

ハイビスカスの植え替え・植え付け・種まき

ハイビスカスは市販で販売されている苗を購入したら、すぐに一回り大きい鉢に植え替えを行いましょう。

ハイビスカスは生育が旺盛な植物ですので、すぐに根詰まりになったり根腐れを起こします。販売されている苗も、大体根詰まりを引き起こしていることが多いです。育てている間も毎年5月〜6月の間に植え替えを行いましょう。

植えている鉢とほぼ変わらない鉢に植え替えを行う場合、枝の3分の1を切り詰めます。鉢から株を取り出して土を崩さないで新しい鉢に植え替えましょう。

根に傷をつけると生育不良になってしまい、うまく生長しません。一回り大きい鉢に植え替えるときも土は取らないでください。

種まきから育てることもできます。種から植え付ける場合は、4〜5月の時期に行いましょう。

種まき用の土をポットなどの敷き詰めて種を植えます。種蒔を行う前に、種は水に一晩浸けておきましょう。

土も湿らせておくことです。ポットなどに植え付けた後は、土を乾かさないように水を与えましょう。日陰で管理し本葉が3〜4枚にまで生長したら鉢などに植え替えて育てていきましょう。

ハイビスカスの増やし方

ハイビスカスの増やし方は、基本的には挿し木の方法が一般的です。より細かくいうと、品種によっては接ぎ木で増やすことも可能です。挿し木も接ぎ木ともに、5月〜7月の時期に行います。

挿し木

挿し木で行うのであれば、葉がたくさんついている元気な枝を切り取ります。切り取った枝から1〜2枚の葉をつけている茎を何本か切り取ります。

ポットなどに川砂を入れて用土も入れて切り取った茎を挿します。発根するまで日陰で管理し、水やりもしましょう。根が出てきたことを確認できたら地植えにするか大きい鉢へと植え替えていきましょう。

接ぎ木

接ぎ木は挿し木と要領が同じですが、少し違う部分があります。

挿し木の場合、その切り取った枝から根を出させますが、接ぎ木は別の植物の根の上に繋いで育てていきます。

挿し木はオールドタイプが向いていて、接ぎ木はハワイアンタイプのハイビスカスが向いています。

ハイビスカスの育て方で注意すべき病気・害虫

ハイビスカスはすす病と呼ばれる葉に黒い斑点ができる病気がありますが、病気には強いのでそれほど心配することはありません。

ハイビスカスで注意してほしいのはアブラムシやハマキムシなどの害虫です。ハマキムシは葉を包んでその中に潜んでいます。ハマキムシが潜んでいると光合成の邪魔をするので、元気に生育しなくなります。

ハイビスカスが枯れてしまった原因の一つに、カナブンの幼虫であるコガネムシの可能性があります。オルトランなどの薬剤を散布して予防していきましょう。

ハイビスカスの管理温度

ハイビスカスは夏に強いイメージがあるかもしれませんが、30度以上超える気温が継続していると株が弱まってしまいます。株を弱らせないためにも夏の間は風がよく通る場所で管理しましょう。

日本の気候であれば春と秋の時期に花を咲かせることが多く、意外と夏には花が咲かないこともあります。日照りが暑い時期は明るい日陰などの避難させると良いでしょう。

冬も霜に当たると枯れてしまうので、室内に取り込むか、戸外であれば軒下などに移動させると良いでしょう。10度以上の日当たりの良い場所が最適ですが、剪定をすれば気温5度以上でも耐えることができます。

ハイビスカスの剪定

ハイビスカスの冬の剪定は、全体の丈の2分の1から3分の1程度を残してばっさりとカットして行います。

夏の剪定は、伸びすぎた枝だけ切り落としておきます。

ハイビスカスの種類・品種

ハイビスカスの原産地は、ハワイ諸島やモーリシャス島などに約250種類あります。アオイ科ヒビスクス属に分類され熱帯地域や亜熱帯地域に生息しています。

沖縄県ではブッソウゲとも呼ばれている「ヒビスクス・シネンシス」という品種があります。この品種は原種があるのか、品種改良されたものなのかはっきり分かっていません。

また、園芸品種のハイビスカスはオールドタイプ、コーラルタイプ、ニュータイプと3つに分けられています。

オールドタイプは在来系で、コーラルタイプはコーラル系になり、ニュータイプはハワイアン系になります。

インド洋諸島が原産には、ブッソウゲ・リリフロールス・スコッティーなどの品種があります。太平洋諸島が原産には、ワイメアエやコキオなどがあり花びらの形が一般的に知られているハイビスカスよりも細長いです。

ハイビスカスはどんな花を咲かせる?

オールドタイプのハイビスカスは、花の色の変化が少ないやや小さめの花を咲かせる在来系です。

コーラルタイプのハイビスカスは、樹高が高く小さい花を咲かせます。暑さには強いのですが、寒さに少し弱いというデメリットがあるコーラル系のハイビスカスです。

最後にニュータイプのハイビスカスは、性質が弱い大きい花を咲かせるハワイアン系です。開花時期は主に5月から10月にかけて花を咲かせます。咲いた花はその日のうちに寿命が来てしまいます。花の色には、赤やピンク、黄色以外にも白、青、紫、茶色、褐色があります。

ハイビスカスの風水

ハワイの特産でもあるハイビスカスはフラにも繋がりのある植物です。そのハイビスカスには、摘んでも暫くは枯れない生命力を持っているのでパワーがあります。

花の鮮やかな色や情熱的な姿から「陽の気」が溢れているといわれています。また、人気運や愛情運・恋愛運を高めてくれるパワーがあります。

ハイビスカスの赤い花であれば、赤を象徴する火の気があります。火の気の方角とは、「南」をさします。この方角に飾っておくことで運気がアップするでしょう。

赤という色には興奮させる色でもあり体の基礎代謝を高めてくれるとされています。風水で考えると健康運やダイエット効果に繋がりますので気になっている方はハイビスカスを飾ってみましょう。

ハイビスカスの花言葉

ハイビスカスの花言葉には、「繊細な美」と「新しい恋」という全般的な意味があります。

また、花の色によっても花言葉が変わり、白色は「艶美」、赤色は「常に新しい美や勇敢」という花言葉の意味にもなります。

ハイビスカスの名前の由来

ハイビスカスという名前には、エジプトに居たとされる美の女神「ビヒス」が語源とされています。

ハイビスカスは英名で「hibiscus」となり英語の発音でよんでいます。ラテン語に変換すると「ヒビスクス」と読みます。

和名ではフヨウ属の総称として呼ばれています。ハイビスカスはフラでも有名なハワイでは「アロアロ」という呼称があります。

アロアロという言葉には、愛されて「尊敬」されるという意味を持っています。ハワイで花飾りやレイにして装飾している意味がわかりますね。

ハイビスカスの育て方は、真夏と冬に注意が必要Z!

南国の島をイメージさせてくれるハイビスカスについてご紹介しました。

ハイビスカスは育てていくうちに愛着が沸いてくるほど初心者に優しい植物です。

風水効果もありますので室内に飾ってリゾート気分に浸りましょう。

※トップ画像はALOHAnobさん@GreenSnap

ハイビスカスの新着コラム

ハイビスカスの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
別名
ブッソウゲ
原産地
ハワイ

ハイビスカスの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ハイビスカスの新着投稿画像

みんなのハイビスカスの育て方

Photo By hiro

お気に入りのハイビスカス

ハイビスカス観察記録

Photo By mamechobi

ハイビスカスを復活させるぞ!

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード