警告

warning

注意

error

成功

success

information

ロシアンセージ

GreenSnapには、みんなのお家のロシアンセージの画像が643枚投稿されています。ロシアンセージのコラムも 0記事あるので、育て方や増やし方、飾り方やアレンジテクニックまで様々な情報を調べることができます。
コラム
0件
投稿画像
643枚

ロシアンセージの新着コラム

記事がありません。

ロシアンセージの新着投稿画像

いいね済み
110
いいね済み
sorata
今にも降り出しそうな曇り空だけど暑くない1日だったので、梅雨に向けて切り戻し作業をしてました😁 ①②ロベリアレオン ブルースプラッシュ ブルーの爽やかなお花がふわふわに咲いています😍 このお花も梅雨に向けて切り戻し✂️ 蒸れに弱いみたいなので真ん中あたりをすくようにカットして通気性が良くなるように気をつけました😁 去年は梅雨時期に枯らしてしまったので切り戻しと軒下管理で元気にまた咲いてほしいです🙏 お値下げで購入したホワイトもいますが、そちらはお花はまだ先のようです😅 ③アズーロコンパクト ウルトラマリン 深いブルーのお花です💙✨✨ アズーロさんはふんわりではなく真ん中かクレーターのように凹んでる💦💦 切り戻しでこれからふわふわになってくれたらいいなー💕💕 ④ ロシアンセージ タカザワフラワーファームさんのお花です✨ コンパクトに育つ品種だと聞いてお迎え💕 確かにコンパクトでまとまりがいい👍 シルバーリーフに儚げなブルーのお花がジメジメとしたお庭を爽やかに演出してくれます💕 週末、実家に帰ってきました🚅 実家のお庭でノコギリで木を切ったりツツジの剪定をしたり草取りをしたり💦 ワンちゃんが楽しく遊べるようにお庭のお片づけしてました🐕 もーくたくた💦💦 歳のせいか未だに疲れが取れない😅
いいね済み
508
PW JAPAN
2024年の新品種ロシアンセージ デニムレースは、淡いラベンダーブルーの花とシルバーリーフの魅力的なコントラストを奏でる植物🪴です。 美しい草姿は、#ナチュラルガーデン や #イングリッシュガーデン、#ローズガーデン など様々なお庭に幅広く調和します。 暑さ・乾燥に強く、根づけばほぼ植えっぱなしで大丈夫な丈夫な多年草で、自然にコンパクトな草姿にまとまるので、お手入れも簡単!柔らかい香りにも癒されます。 一般的なロシアンセージは、150cm程度の高さにまで大きく生長し、日本の小さなお庭では手入れが追い付かないという悩みがあったのですが、ロシアンセージ デニムレースは地植えをしてもその草丈は80cmとコンパクトなサイズを保ちます。 日本の小さなお庭には、 #ロシアンセージデニムレース がぴったり! <ラベンダーとの違い> #ロシアンセージ は、 #ラベンダー に似た花をたくさん咲かせますが、それらの大きな違いは開花期です。 ラベンダーは春から初夏に楽しむお花なのに対して、ロシアンセージは一般的に花が少なくなる夏に花を楽しめる夏花壇に欠かせないありがたいお花です。 <栽培ポイント> 多湿は苦手なので水はけのよい場所で育てるようにしましょう。 *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* ロシアンセージ デニムレース 分類:シソ科ペロブスキア属 学名:Perovskia atriplicifolia *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* 5月下旬~6月下旬に全国の園芸店やホームセンターで販売します☺️

ロシアンセージの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Perovskia atriplicifolia
別名
サマーラベンダー
原産地
アフガニスタン、パキスタン

ロシアンセージの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
3月, 4月, 5月, 9月, 10月
肥料
3月, 4月, 5月, 9月, 10月
開花
7月, 8月, 9月

花の種類

セラギネラ

日陰でも生育します。強い日光を避ければ、ある程度の日当たりでよく育ちます。

アマリリス

珍しいものは数万円で取引される愛好家も多い花。

アリウム

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

ルピナス

日当たりの良い場所を選んでください。

ナギ

日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。

クチナシ

過酷な環境にも適応できるたくましい常緑低木。香り高い純白の花を6月頃に咲かせます。

ハエマンサス

「冬生育タイプと夏生育タイプがあります。

ケヤキ

グミ

ムラサキカタバミ

イカリソウ

ツユクサ

ケマンソウ

明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てましょう。

フクジュソウ

基本的には日なたで良いですが、庭植えの場合は木陰、鉢植えであれば半日陰で管理します。

ルコウソウ