警告

warning

注意

error

成功

success

information

レモングラスの育て方|鉢植えや地植えの栽培方法は?花は咲くの?

  • イネ科
  • オガルカヤ属

レモンに似たさわやかな香りが特徴のレモングラスは、エスニック料理やカレーの香り付けに使われたり、ハーブティーとして人気のハーブです。

今回はレモングラスの栽培方法や収穫の方法、増やし方や冬越しの方法について、詳しくご紹介していきます。

レモングラスはどんなハーブ?育て方は簡単?

栽培期間
4月〜10月
生育適温度
25〜30℃

レモングラスは、スラリとした細い葉が特徴のイネ科のハーブです。熱帯性の植物なので、暑さに強く、鉢植えでも簡単に育てることができます。

フレッシュ(生葉)でもドライ(乾燥した葉)でも使うことができ、良い香りを楽しむことができます。葉には殺菌・抗菌作用があり、胃腸の調子を整える効果が期待できます。

no-img2
家庭菜園士 七尾びび
心身を元気づける効果をもつ「シトラール」というレモンと同じ香り成分が含まれているハーブです。
姿はススキに似ていることで知られていますね。

レモングラスの栽培環境

レモングラスは、熱帯性の植物なので、日当たりの良い場所を好みます。寒さに弱いので、収穫期が終わった秋以降はベランダの陽だまりなど、できるだけ暖かい場所で管理するか、マルチをかけて寒さ対策をしましょう。

レモングラスは葉が茂りやすいので、葉が多くなれば適度に剪定しましょう。葉の量を調整して蒸れを防げば、夏の暑さにも十分耐えられるほど強いハーブです。

ただし、夏場の強い直射日光に当たりすぎると葉焼けすることがあります。鉢植えの場合は半日陰の環境に移動させ、地植えの場合は遮光ネットを使って日差しを遮ってあげましょう。

no-img2
家庭菜園士 七尾びび
強い風には弱いので、日当たりがよく風通しがほどほどよい場所での栽培が適しています。
暑さには耐えられますが寒さに弱いハーブなので、地植えの場合も冬場は掘り上げて屋内で管理してあげたいですね。

レモングラスは種と苗、どちらから育てる?

レモングラスは、種からでも苗からでも育てることができます。毎年5月ごろから市販の苗が多く出回るので、手間をかけたくない方は苗から育てるのがおすすめです。

市販の苗を選ぶときは、葉色がよく葉に勢いがあって、ポットの中で根が回っていないものを選びましょう。

レモングラスの種まき

レモングラス 種まき イラスト

レモングラスの種まき時期は、4〜6月頃です。種の発芽には気温20度程度必要となります。

  1. 育苗ポットに土を入れ、指で3箇所ほど軽くくぼみをつける
  2. くぼみに数粒ずつ種をまく
  3. 薄く土をかぶせたら、たっぷりと優しく水をやる
  4. 発芽し、草丈が5〜6cmになれば、生育の良い1株を残して間引きする
  5. 草丈が10cmほどまで生長したら、植え付け苗の完成!

レモングラスの土づくり

レモングラスは、日当たりと水はけさえ良ければ土質を選びません。ただし、地植え栽培の場合は、土壌が酸性に傾かないように調整しましょう。植え付け2週間前に苦土石灰を施して、しっかりと耕しておきましょう。

鉢植え栽培の場合は、市販のハーブ用培養土を使用すれば良いでしょう。

レモングラスの苗の植え方

レモングラス 植え方 イラスト

レモングラスの苗の植え付けは、5月上旬〜6月中旬が適期です。苗の草丈が10cmほどになれば、植え付けましょう。植え付けの際は、土に元肥をすき込んでから植え付けるのがポイントです。

  1. 根鉢を崩さないようにポットから苗をそっと取り出す
  2. 根鉢と同じ大きさの植え穴を掘り、苗を植えつける
  3. 株元を軽く押さえ、根と土をしっかり密着させる
  4. たっぷりと水をやる

鉢植え栽培の植え方

鉢植えのレモングラスは、深型の鉢やプランターを使って植え付けるのがポイントです。深さ30cm以上のサイズを選んで植え付けましょう。

鉢植えの場合は、ひとつの鉢に一株、横長のプランターの場合は、株間を30〜40cmほど空けるとよく育つでしょう。

地植え栽培の植え方

地植え栽培のレモングラスは、草丈が1mを超えるほど生長します。大きく育つことを想定して、株間は広めにとっておくのがポイントです。植え付けの時、苗と苗の間は、50〜60cmほど確保しましょう。

霜がおりなくなってから植え付けてあげましょう。

レモングラスに植え替えは必要?

鉢植えのレモングラスの根がいっぱいになれば、植え替えを行いましょう。地植えのレモングラスは、植え替えは必要ありません。ただし、地植えのままでは冬越しができないので、翌年も育てたい場合は、根を掘り上げて鉢植えに植え替えましょう。

レモングラスの水やり

地植えレモングラスは、根がしっかりと根付いた後は、ほとんど水やりは必要ありません。鉢植えのレモングラスは、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやることが基本です。

水切れを起こすと葉が細くなるので、注意してくださいね。

夏場の水やり

夏場に日照りが続いて地面が割れてくるなど、極端に乾燥が進んでいる時はたっぷりと水をやりましょう。

冬場の水やり

冬場のレモングラスは地上部が枯れますが、根は生きています。週に一回の頻度で水やりを続けましょう。

no-img2
家庭菜園士 七尾びび
乾燥に弱いので、プランター栽培の場合は特に水切れに注意ですよ!

レモングラスの肥料・追肥

レモングラス 肥料・追肥 イラスト

レモングラスは、新芽が伸びてきたら収穫を開始しますが、そのとき同時に追肥をスタートさせましょう。春〜秋の生育期には1ヶ月に一度の頻度で追肥を施します。

食用のレモングラスは、有機肥料を選んで追肥すると安心です。一株につき軽く一握りの油かすを株の周りに施し、周囲の土と混ぜて軽く土寄せします。

no-img2
家庭菜園士 七尾びび
肥料不足になると葉先が細くなります。色も悪くなってきますので、元肥・追肥ともに重要です。元肥には「緩効性肥料(ゆっくりと長く効く肥料)」がおすすめですよ!
鉢植え・プランター栽培の場合は、水やりや雨で流れ出しやすいため元肥は多めに入れてください。

レモングラスの収穫

レモングラス 収穫 イラスト

レモングラスの収穫時期は、5月上旬〜10月下旬頃までです。1株あたりの葉が15枚生えたら、外側の葉から順番に、根元を10cmほど残してハサミで切り取って収穫します。

秋になり、根元が紫色になったら、緑の葉の部分だけを収穫し、ザルに乗せて乾燥させます。

レモングラスの保存方法と使い方

レモングラスは生のままフレッシュハーブとして使う方法と、乾燥させてドライハーブとして楽しむ方法があります。フレッシュとドライでは風味が違うので、好みの方法を選んで保存し、使ってみてくださいね。

フレッシュの場合も、ドライの場合も、ハーブティーにしたり料理に使ったりして楽しむことができます。

フレッシュハーブの保存方法

生のままのレモングラスはあまり日持ちしません。フレッシュハーブとして使用するときは、収穫したあとに、葉を軽く洗って冷蔵庫の中に入れて保管しましょう。

地際の茎の部分は、球根のように膨らんでいて柔らかいことから、薄く刻んで料理の材料として使われます。茎の部分は冷凍することで、2〜3ヶ月ほど保存できます。

ドライハーブの保存方法


ドライハーブとして使用する場合は、葉を適度な大きさにカットし、ザルに移して乾燥させましょう。

また、細かくカットせず、長いままドライフラワーのように壁から吊るして保存する方法もあります。

レモングラスの増やし方(株分け)

レモングラス 株分け イラスト

レモングラスの増やし方は「株分け」が一般的です。株分けの時期は、植え付け時期である春先か、冬越し前の時期が適しています。

  1. レモングラスの株元を掘り上げ、根ごと掘り出す
  2. 古い土や枯れた根を取り除き、ハサミやナイフで1〜2株ずつ分ける
  3. それぞれを新しい土に植え付けてたっぷりと水をやる

レモングラスは水耕栽培もできる?

レモングラスは、水耕栽培でも育てられますが、発根したら土に植え替える方が良いでしょう。レモングラスの水耕栽培は、茎の部分から切り取り、水に挿すだけで完了です。水が汚れないように、毎日水を替えましょう。

レモングラスが増えすぎたらどうする?

レモングラスは生長が早いので、地植えにすると草丈が1mを超えるほど生育旺盛によく育ちます。また、鉢植えの場合もすぐに鉢全体に根が回ってしまう場合があります。

鉢植えのレモングラスは、根が回ったらひと回り大きな鉢に植え替えるか、株分けをして適度なサイズに切り分けて育てましょう。

地植えのレモングラスは、葉が茂りすぎた場合は収穫の予定がなくても適度に間引きを行いましょう。適度に剪定することで、風通しがよくなり元気に育ちます。

レモングラスの冬越し

レモングラスは原産地では多年草ですが、耐寒性が低く寒さに弱いので、日本での冬越しは難しいハーブです。気温を管理できれば冬越しできる方法もあります。

鉢植え栽培の冬越し

鉢植えで栽培しているレモングラスは、冬場は室内に入れて管理しましょう。

地植え栽培の冬越し

地植え栽培のレモングラスは、掘り上げて鉢植えに植え替え、室内で冬越しするのが一番安全な方法です。しかし、外で管理するしかない場合は、以下の方法で冬越しにチャレンジしてみましょう。

  1. 根元を10cmほど残し、地上部の葉を刈り取る
  2. 防寒のために、株の上に腐葉土や敷きワラをかける
  3. マルチングを行うか、発泡スチロールやビニール袋を使って専用の囲いを作る

レモングラスを家庭菜園で収穫して楽しもう!

レモングラスは、様々な用途に使える便利なハーブです。他のハーブにブレンドしてハーブティーとして楽しんだり、日本茶にブレンドすることで爽やかな風味をプラスすることもできますよ。

スッキリとした香りは、リフレッシュにも最適。料理や虫除けなどとしても使える便利なハーブなので、ひとつあれば重宝します。

初心者でも簡単に栽培できるので、ぜひ自宅で育ててみてくださいね。

レモングラスの新着コラム

レモングラスで虫除け|手作りスプレーの作り方、効果・効能とは?の画像

レモングラスで虫除け|手作りスプレーの作り方、効果・効能とは?

レモングラスの花言葉|花の特徴や効果、効能は?の画像

レモングラスの花言葉|花の特徴や効果、効能は?

8月2日はハーブの日。料理に、ドリンクに、カラダにも優しい、夏にぴったりのハーブ4選。の画像

8月2日はハーブの日。料理に、ドリンクに、カラダにも優しい、夏にぴったりのハーブ4選。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

レモングラスの基本情報

ジャンル
ハーブ
形態
多年草
学名
Cymbopogon citratus
別名
原産地
南インド

レモングラスの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
弱い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

開花
8月 、9月

レモングラスの新着投稿画像

みんなのレモングラスの育て方

いいね
6

レモングラスの記録✨

職場に持ち込んだレモングラスの記録✨
by.らんちゃんママ
いいね
2

レモングラス のカブ分け

鉢いっぱいに育ってきたのでカブ分けをしました
by.yotty
いいね
10

レモングラス

ガーン、強いハーブだと思っていたら レモングラスが...
by.ラベンダー研究所

ハーブの種類

バジルの画像

バジル

よく日のあたる場所で育てます。
ローズマリーの画像

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。
ラベンダーの画像

ラベンダー

日当たりと風通しのよい場所を好みます。
ミントの画像

ミント

日当たりの良い場所がよいですが、強い直射日光の場合、青葉が枯れたり生育が弱ることがあります。春~秋は...
パセリの画像

パセリ

香辛料や料理の彩りによく使われています。
オレガノの画像

オレガノ

日当たりのよい場所で育てます。蒸れ・多湿に弱い為、半日陰もよいでしょう。