レモングラスの画像

レモングラスの育て方|鉢植えや地植えの栽培方法は?増やし方は?

  • イネ科
  • オガルカヤ属
レモングラスの育て方|鉢植えや地植えの栽培方法は?増やし方は?の画像

爽やかなレモンに似た香りが特徴のレモングラスは、ハーブティーとしても広く知られています。
葉の部分を細かく薄く刻むことで、料理の香りつけとしても使われることがあるようです。

今回はそんなレモングラスについて、育て方を中心に簡単にご紹介します。

レモングラスの日当たり

レモングラスは熱帯性の植物のため、適度な日当たりの良さを好みます。ただ、葉が茂りやすいために、非常に蒸れやすい性質をもっています。適宜、葉を剪定して育ててあげるとよいでしょう。

蒸れを改善できれば、夏の暑さには十分耐えられるほどに強くもあります。夏場の強烈な日差しもある程度までならば耐えられるでしょう。ただし、日差しがあまりに強烈すぎる場合は、網やレースで覆ってあげるなどしてあげてもいいかもしれません。

レモングラスの置き場所

レモングラスは葉が茂りやすく蒸れやすいのですが、多湿も好まないため、風通しがよく温暖な、もしくは少し暑いくらいの場所に置いてあげるといいでしょう。

レモングラスは切り取って水につけておくだけでも根が生えてくれるので、春になってからその根が生えたものを、新しい土に植え付けるように取っておくのも手でしょう。

また、熱帯植物のため、暑さには強いレモングラスですが、一方で寒さにはめっぽう弱いです。耐寒性が一切ないので、冬は室内に必ず取り込んで日当たりの良い場所で管理し、冬越しはかなり注意して行う必要があります。

なお、鉢植えで育てている場合には、無霜地域以外では霜が降りる前に鉢上げをするという形で管理してください。

レモングラスの水やり

夏の水やり

水やりは蒸れすぎに注意して、適宜土が乾いていたら与える程度で問題ありません。

地植えの場合には、雑草にも負けない生命力を発揮して元気に長生きすることも可能なので、水やりはほとんど必要ありません。

冬の水やり

レモングラスに取って、乾燥のしすぎは大敵です。そのため、冬も夏同様に、乾燥しすぎない程度に水やりをしてあげましょう。

レモングラスの肥料・追肥

レモングラスを植え付ける際に、土に肥料を混ぜる必要があるでしょう。

地植えの場合には、ガーデニング用もしくは野菜用の粒状肥料を1平方メートルにつき70gほど植える場所の土にしっかり混ぜます。鉢植えの場合にも用土1リットルにつき5gほどだけ、同様の粒状肥料を与えるいいかもしれません。

また、追肥の場合には、4〜10月がかなりの速度で生長する時期となるので、月1の頻度で液体肥料を、もしくは週1の頻度で1000倍の濃度に薄めた液体原肥えを与えるように努めてください。

なお、冬の時期は肥料やりの必要はなく、肥料が少なくても枯れることはありません。

レモングラスの土

レモングラスの栽培は、水はけさえ良ければ、特にどの土でも問題ありません。ただし可能ならば、酸性ではない土壌にしてあげる方が元気に育ちやすいといえます。

もしも徹底して元気にしたい場合は、鉢植えに配合土を入れて育てるときは、市販のハーブ用土か、赤玉土7・腐葉土2・川砂1の割合で混ぜるようにしてください。地植えの場合には、植える2週間前の段階で苦土石灰を植える予定の土に、しっかりと混ぜ込んでおいてください。

レモングラスの植え替え・植え付け・種まき

植え替えは、鉢植えの中がレモングラスの伸びた根でいっぱいになった時点で行うようにしてください。

地植えの場合は、特に植え替え等の作業は全く必要ありません。ただし、地植えのままでほうっておくと冬越しができない可能性が大きいです。したがって、冬になる前に、根から全体を掘り上げて鉢に植え替えてしまいましょう。

なお、そうした植え替え、植え付け直後は、根付くまでの間、たっぷりしっかりと水を与えるようにしてください。

また、室内で管理する方が、レモングラスが枯れず冬を越しやすく、長生きさせてあげられます。

レモングラスの増やし方

レモングラスの増やし方は「株分け」が一般的です。

まず、株の葉の根本から1本ずつ切り分けてください。次いでそれらを新しい用土に挿すように植え付けていきます。そして根がしっかりと張るまで、水をたっぷりと与えましょう。

株分けの時期としては、レモングラスが今後も生長し続けることが可能な4月以降です。特に、春先に行うと元気にぐんぐんと育つ時間が得られるでしょう。

レモングラスの育て方で注意すべき病気・害虫

レモングラスには、特に注意すべき害虫・病気はありません。

レモングラスの冬越え

病気にもかかりにくい丈夫さを誇っていますが、耐寒性がかなり低いので、冬越えの方法をマスターしておく必要があります。

ハーブには耐寒性の低いものがそれなりに存在し、ハーブもその1つですが一年草のため枯れても仕方がありません。しかし、レモングラスは多年草であるため、冬越えさえしっかりすれば、ずっと長生きしてくれます。

冬越えは基本的に鉢植えで育て、冬には室内に移動させます。地植えで育てている場合は、植え替えが必要になります。地植えのままでも冬越えをさせたい場合は、発泡スチロールやビニール袋を使って専用の囲いをつくります。

その際に、レモングラスを地上5〜10センチほどの高さで剪定しておきましょう。剪定しても、春が来ればぐんぐんと生長してくれるの心配は無用です。

レモングラスの管理温度

熱帯性の植物であるレモングラスにとっての生育適温は5℃〜30℃です。

ただし日本の寒さに、そのまま耐えうるだけの耐寒性は一切持ち合わせていないので、厳重な管理が必要になります。

最もおすすめなのは鉢に入れて室内取り込むことですが、地植えをしてしまい植え替えるのが面倒という方もいるでしょう。

こうした皆さんは是非発泡スチロールやビニール袋をフル活用してください。

レモングラスが生えている場所を全て覆い隠すようにそれらをかぶせて管理することが、外で冬越えをさせてあげられる唯一の方法だと思っておいてください。

レモングラスの効果や用途

レモンに似た爽快な香りをさせるレモングラスには、柑橘系の植物と同様に抗菌・殺菌作用があります。そのため、風邪の予防や腹痛、下痢の緩和にも効果的だとされています。

したがって、風邪の症状が出始めたときには、レモングラスを使った紅茶を飲むことなどがおすすめです。

また、水虫の治療にも効果があるようです。

レモングラスの香りについても効能があり、虫が嫌うため虫除けスプレー等の材料として使われることもあるようです。育てたレモングラスの葉をクローゼットの中に忍ばせておくだけで虫がつかないともいわれます。

さらに、このハーブが放つレモンのような香りは、眠気を覚ます効果もあるので、気持ちを切り替えさせてくれます。憂鬱な日々が続いているようならば、是非使ってみてください。

ほかにも胃の働きを助け、消化を促進してくれることから、脂肪分解を促す作用もあると期待されています。食べ過ぎでの胃もたれや胸やけの際などに、レモングラスのハーブティーを飲んでみましょう。

水蒸気蒸留法を用いて取り出されたレモングラスの精油は、食品や飲料、香水などに添加して使われています。精油の場合には、消化促進作用も期待できるので、食欲不振や消化不良に悩まされている方は改善できるかもしれません。

また、鎮痛作用ももっているので、代謝や血行のよさを促進して運動後の疲労回復や神経痛や頭痛の改善にも効果が高いと考えられます。肩こりに悩まされている方も必見です。

レモングラスの利用部分

レモングラスは、葉や茎などその全てがさまざまな場面で利用されますが、特に使われているのは葉の部分でしょう。

なお、地際の茎の部分が球根のように膨らんでいて柔らかいことから、薄く刻んで料理の材料としても使われているようです。

レモングラスの種類・品種

レモングラスは南インドやスリランカ、東南アジアに多く生息し、数十種類ほどが存在しているといわれています。中でも有名なのは、西インド種(西インドレモングラス、ホワイトグラス)と東インド種(東インドレモングラス、レッドレモングラス)でしょう。

日本で販売されているレモングラスのティーのほとんどは西インド種が用いられています。今では西インドで育てられているらしい東インド種は、茎が赤く柑橘系の香りだけでなくバラのような香りが強烈です。

一方の西インド種は、スリランカが原産だと考えられており、西インド諸島からアジア、アフリカといった熱帯地方で栽培されており白い茎を持ち柑橘系の爽快な香りをしています。

香りの質自体は西インド種の方が高く評価されていますが、ただ精油としては東インド種の方が多く用いられているようです。

なお今現在の栽培はインドだけでなく、ネパールやブータン、エジプト、オーストラリアなどでも、その生命力の高さを発揮してかなり広くで行われているようです。

レモングラスの収穫

レモングラスの収穫時期は6〜10月頃で、1株あたりの葉が15枚以上生えた段階が適切でしょう。特に7〜8月の時期はレモングラスがぐんぐんと生育するため、株元から10〜15センチだけ残して切り取ってしまいましょう。

外側から刈り取るようにハサミなどの刃物で切ると、きれいに収穫できます。

なお、その後の保存方法としては、生の状態で根本をざく切りにして水に入れて茹でるだけでレモンティーの完成です。

そのほかの刈り取ったものは冷蔵庫に入れて保管しましょう。また乾燥させてポプリとして使うのも楽しいかもしれません。

レモングラスはどんな花を咲かせるの?

レモングラスはイネ科オガルガヤ属の多年草ということで、稲のように花をつけます。米粒程度の大きさの黄色い花に、たくさんの赤っぽい毛が生えたような姿をしています。

レモングラスの風水

風水において、レモングラスを含む植物の緑色は「運を運んでくる」力があるとされています。特にいきいきとした観葉植物には、気を浄化する作用をもっており、良くない流れを入れ替えてくれる効果があるそうです。

そのため、植物の中でも芳香性のあるものの香りを室内に満たす、もしくは巡らせることでより運気をあげるともいわれています。

こうしたことから、寝る前に収穫したレモングラスのティーを作って香りと味を楽しむといいでしょう。またはレモングラスを用いたアロマを使うのも、心も安らぐので効果は高いかもしれません。

また、レモングラスは中でも金運アップの効果が高いといわれており、職場での出世や起業独立を目指す方にはおすすめです。コミュニケーションがスムーズにいくように働きかけてくれる効果もあるようです。

レモングラスの花言葉

レモングラスの花言葉には、「爽快」、「爽やかな性格」、「凛々しさ」といった意味があります。

香料としても用いられる、すっとした香りがすることに由来した花言葉といえます。

レモングラスの由来

レモングラスの歴史はかなり古く、インド周辺の地域では数千年前から人々にから好んで使われ、栽培されてきたそうです。伝統医学であるアーユルヴェーダでも利用されてきたといわれています。

このハーブには、レモンと同じ香りの成分であるシトラールが含まれており、爽快な香りを放っていることから、レモンの香りのする草ということで「レモングラス(lemon grass)」と名付けられたようです。

レモングラスを庭で栽培してみよう!

今回はハーブティーの1種としても人気なレモングラスについて、育て方を中心にご紹介しました。

レモングラスは、タイ料理トムヤムクンをはじめ、東南アジア料理に欠かせない材料ともなっています。その用法としては、肉や魚の臭みを消すほか、カレーの香りづけ等にも用いられてきました。

じたくんのお庭で育てて乾燥させた葉を使うか、生葉を使用して、レモンの香りを豊かに感じられる生活を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

自分で好みの香りの品種を選んで育てて、ほかのハーブとのブレンドすることで、楽しんでみるのもありでしょう。

いい香りの植物が気になるなとお考えの方などは是非とも育ててみてください。きっと爽快な気分を味わって、気分転換ができますよ。

レモングラスの基本情報

ジャンル
ハーブ
形態
多年草
学名
別名
原産地
南インド

レモングラスの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
弱い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

レモングラスの新着投稿画像

みんなのレモングラスの育て方

レモングラス 成長日記

レモングラスの植え替え

レモングラス

レモングラスの新着コラム

ハーブの種類

バジル

よく日のあたる場所で育てます。 バジル の育て方へ

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。 ローズマリー の育て方へ

ラベンダー

日当たりと風通しのよい場所を好みます。 ラベンダー の育て方へ

ミント

日当たりの良い場所がよいですが、強い直射日光の場合、青葉が枯れたり生育が弱ることがあります。春~秋は... ミント の育て方へ

パセリ

香辛料や料理の彩りによく使われています。 パセリ の育て方へ

オレガノ

日当たりのよい場所で育てます。蒸れ・多湿に弱い為、半日陰もよいでしょう。 オレガノ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード