いちじくの育て方|植え付けや肥料の与え方は?鉢植え栽培もできる?

  • クワ科
  • フィクス属

聖書でアダムとイブが食べた禁断の果実はリンゴだというのが通列ですが、イチジクの実だというもう一つの説があるのをご存知でしょうか?

不老不死の果物といわれ、女性に嬉しい美容成分がふんだんに含まれているイチジクを知って、自宅で育てちゃいましょう。

いちじくの日当たり

イチジクは日当たりの良いところをとても好みます。

他の果実と比べて、比較的に初心者の方でも育てやすく、園芸栽培に入りたての人は、壁が低く育てやすい果樹類です。

果実を育てるとなると、世話が大変で難しいイメージが強いかもしれませんが、国内で流通している食用のイチジクなどは、受粉をしなくても果実が大きく実る「単為結果」という性質を持っています。

なので、一個体を植えて、日当たりの良い場所に置いておくだけで、受粉を必要とせずに実がなってすくすく育っていきます。

いちじくの置き場所

イチジクは、地植えでも鉢植えでも日光を好むので、日当りがいい場所を選びましょう。

地植えなら、南向きに日が当たる所がベストです。強風を嫌うので、風の当たらない場所に植えましょう。

鉢植えなら、大きくなりすぎないように、伸びてくる枝などきっちり剪定すれば、こぢんまりと1mほどの高さに収まって収穫できます。マンションやベランダなど部屋の室内でも、十分育てることができます。

寒冷地での栽培は保温が必要になってくる場合があります。もともと亜熱帯地方に原産する植物なので、寒さにはやや弱い傾向があります。地植えした冬場で、翌年も収穫を見込みたいならば、保温対策をするべきです。

鉢植えならば、寒風の当たらない室内に移動させます。あまり暖房のきいた場所より、無暖房の室内がよいです。

いちじくの水やり

夏の水やり

鉢植えの場合、鉢土の表面が乾いているようであれば、鉢底から水が流れ出るようにたっぷり与えてください。

土が湿っている状態が続くと根腐れが起こる心配があるので、過度に水やりをする必要はありません。

夏場は日光が強く、土の表面が乾きやすいので、特に鉢土ならば水切れが起こらないように、常に土の表面をチェックすることが大切になります。

地植えの場合、品種にもよりますが、こちらから特にアプローチしなくても大丈夫です。自然の雨に任せましょう。

ただ、何日も日照り続きである場合などは、水をあげてもかまいません。その辺りの調節は、お天気との相談になります。水切れにならないよう、常に心がけましょう。

冬の水やり

冬場も同じく土の表面が乾いていたら、水をあげるようにしましょう。西日が長く当たる場所や、木枯らしなどの乾燥した風で水分が蒸発していきます。

いちじくの肥料・追肥

イチジクは新梢を伸ばしていきながら実をつけるため、生長のために肥料が多く必要になってきます。肥料が切れてしまうとイチジクの体力がなくなってしまうので、肥料切れになったりしないように注意しておきましょう。

地植えや鉢植えの両方とも、11月から1月の時期にかけて元肥を、6月と8月、9月の時期には追肥を施すようにしましょう。

地植え

地植えをしている場合では、元肥と追肥はどちらも化成肥料を使いますが、化学肥料はできるだけ最小限にして、堆肥などを用いて、有機物を施すのがポイントとなっています。

家庭でも出ているくさや生ゴミなどを再利用するのもかまいません。

鉢植え

鉢植えの場合では、元肥に使う肥料は、有機固形肥料を使用してください。

追肥には、ゆっくりと効き目が出て来る緩効性化成肥料を与えてください。

弱アルカリ性から中性の土壌を好むイチジクは、肥料とは別に、1年に1度石灰を施して生長を促進させることもポイントとなっています。

いちじくの土

イチジクは水はけがよく、水もちもいい土を好みます。

鉢植えをする場合には、赤たま土の小粒を7、腐葉土を3の割合で混ぜ込んだものか、果樹用の培養土を使用してください。

いちじくの植え替え・植え付け

鉢植え

鉢植えの場合、鉢底石を鉢にしいてから、鉢の底から二分の一か三分の二ほど土を入れて、苗木を樹高の30センチほどのところに切りつめます。

苗木の根っこについている土をほぐしてから、根を広げながら土の上に苗を置いていきます。

苗を置いたあと、周りに土をかぶせるようにいれて、倒れないように支えとなる支柱をつけて、たっぷりと水をあげてください。

地植え

地植えをする場合の手順は、基本的には鉢植えとおなじになります。

日当たりのいい場所で管理できるように育てる場所を選び、直径と深さが50センチほどの植え穴を掘ってから、掘り上げた土の中に腐葉土を2、3割ほど混ぜ込みます。

植え穴の二分の一から三分の一ほどまで土を埋め戻し、苗を植えていきます。

植え付けてから苗木を高さ50センチのところで切り詰めて、支柱を立てます。

いちじくの増やし方

イチジクの増やし方には、挿し木という方法があります。

挿し木に使う挿し穂を選ぶ時は、病気になっていない、元気のある枝を選んでください。いつ伸びてきた枝でも大丈夫ですが、前の年に伸びてきた枝を使うと増やしやすいです。

枝の先端を15センチから20センチほど、太い枝の場合は30センチほどを目安にして、枝をカットします。

幹の近くだったほうの部分の切り口を斜めに切るか、えんぴつのように切って起きます。切り口が乾燥してしまわないように水につけておきます。

1本ずつイチジクを育てたい時は、3号の育苗ポットを、複数のイチジクを一気に育てたいときには7号から10号の素焼き鉢を用意しておきましょう。

大粒の赤玉土を容器の底に2、3センチほど敷いて、容器の8割ほどを赤玉土の小粒か、市販で販売されている挿し木用の培養土をいれていきます。

割り箸をつかって土に穴をあけて、挿し穂の切り口が潰れないようにします。

挿し穂の三分の二が土に埋まるようにして挿してからたっぷりと水を与えて、根がはるまではビニール袋を鉢全体にかぶせておきます。

日陰で管理をして、土が乾かないように水を与えるようにしてください。十分に根がはったら、1株ずつ10号鉢か、日当たりのいい地面へ植え付けてください。

いちじくの育て方で注意すべき病気・害虫

比較的病害虫に強いイチジクですが、カミキリムシには対策をしておかなければいけません。

カミキリムシは幼虫が枝や幹の中へと侵入して、木全体を枯れさせていってしまうことがあります。

株元におがくずのようなものがある場合は、それがカミキリムシの幼虫の糞です。それを見つけた時には、穴の開いている幹や枝に殺虫剤を吹きかけて駆除していきましょう。

いちじくの管理温度

日当たりのいい場所で育てていれば育ってくれるので、温度についてはとくに注意するところはありません。ただし、日陰に置いていたり、植えてしまうと、生育が衰えてしまうので気をつけましょう。

いちじくの花言葉

いちじくの花言葉は「子宝に恵まれる」、「実りある恋」や「証明」、「裕福」です。

お家のお庭でいちじくを栽培してみよう!

イチジクが日本に伝来したのは江戸時代に入ってからで、その昔は薬の木として重宝されていました。現代でも栄養価が高く、美容効果が高いので、ドライイチジクなど女性好みの商品が売られていたりします。

果樹を家で育てるというのは難しいと思われますが、イチジクは初心者でも育てることができる果樹です。

品種によって収穫時期が変わってくるので、植え付ける際にどういった品種なのかを確かめておく必要があります。

実をつけたイチジクは毎日少しずつ収穫していくことができるので、長期間に渡ってイチジクの収穫ができるようになっています。

ジャムなどにも利用できるので、ぜひ自宅で育ててみてください。

イチジクの新着コラム

いちじくの栄養|効果・効能や旬の時期、保存方法や選び方は?の画像

いちじくの栄養|効果・効能や旬の時期、保存方法や選び方は?

落葉樹の種類|庭木におすすめなのは?剪定の時期はいつ?の画像

落葉樹の種類|庭木におすすめなのは?剪定の時期はいつ?

家庭菜園で育てたい果物10選!室内で育てられる?簡単なのは?の画像

家庭菜園で育てたい果物10選!室内で育てられる?簡単なのは?

いちじくの花言葉|花や実の特徴、種類は?の画像

いちじくの花言葉|花や実の特徴、種類は?

食べておいしい!飾って楽しい!今、おうちで育てる果樹が人気急上昇中の画像

食べておいしい!飾って楽しい!今、おうちで育てる果樹が人気急上昇中

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

イチジクの基本情報

ジャンル
果樹
形態
高木
学名
Ficus carica
別名
無花果
原産地
アラビア半島

イチジクの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
1月 、2月、3月、11月、12月
肥料
1月 、6月、8月、9月、11月、12月
収穫
6月 、7月、8月、9月、10月
剪定
1月 、2月、12月

イチジクの新着投稿画像

みんなのイチジクの育て方

いいね
18

イチジクの生長記録

私の生まれた頃からある、長年の友の無花果さんですが...
by.mako
いいね
1

イチジクの挿木

今年初めてイチジクの挿木に挑戦しました。芽が出たの...
by.あかり
いいね
0

イチジク ロングドゥート(バナーネ)

2020年購入 ■収穫数  2020年:7個
by.あるがす

家庭菜園の種類

ミニトマトの画像

ミニトマト

トマトの画像

トマト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
キュウリの画像

キュウリ

鉢やプランター、地植えで育てることができます
ブルーベリーの画像

ブルーベリー

ブルーベリーは場所もとらず、育てやすい為、手軽に楽しめる小果樹です。生食や、ジャム、スイーツなどにも...
オクラの画像

オクラ

鉢植えの場合、表面が乾いたら鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。水きれしないように注意し...
アボカドの画像

アボカド

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。