花の画像

花の種類一覧

365種類の花が掲載されています。花の育て方はGreenSnapで調べてみましょう。

花の種類

チューリップ

日当たりの良い場所で育ててください。 チューリップの育て方へ

ギョリュウバイ

細い枝に赤、ピンク、白などのウメのような小花を多数咲かせます。尖っており、硬い、小さい葉を持ちます。開花後の果実は褐色で、細長い形をした種が多く含まれています。名前の由来は、葉が「ギョリュウ(御柳)」... ギョリュウバイの育て方へ

リシマキア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません リシマキアの育て方へ

ヘアーグラス

水槽を草原のようなレイアウトに仕立てることができる水草。水田では繁殖力の強い雑草です。 ヘアーグラスの育て方へ

フジバカマ

日なたで育てます。日当たりが半日程度ある場所なら成長はしますが、徒長しがちになり、花色が悪く、数も少なくなります。盆栽のように育てたい場合は、茎をまっすぐに仕立てるために風が強すぎる場所を避けます。庭... フジバカマの育て方へ

ヒューケラ

半日陰で育ててください。 ヒューケラの育て方へ

パンジー

大輪の花をパンジー、小輪の花で株立ちになる種をビオラ、と区別していましたが、近年園芸品種が多数開発された為、区別できなくなっています。 パンジーの育て方へ

ヒイラギナンテン

半日陰を好みます。大きくなるため基本的に鉢植えでは栽培しません。 ヒイラギナンテンの育て方へ

シャクヤク

日当たりの良い場所が適しています。ただし半日陰でも育てる事ができます。 シャクヤクの育て方へ

サフィニア

生育旺盛で次々とあふれるように花が咲き、鮮やかな花色が目を引きます。その育てやすさと色の美しさから幅広い層に支持され、日本の「ガーデニングブームの火付け役」とも言われています。花色も豊富。 サフィニアの育て方へ

レッドロビン

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 レッドロビンの育て方へ

ブルーサルビア

日当たりを好み、水はけがよく、しかも乾燥しないところが適地です。 ブルーサルビアの育て方へ

アネモネ

日当たりのよい場所で育てます。 アネモネの育て方へ

アメリカンブルー

葉腋に花径3cmくらいの濃い青色の花をつけます。曇りの日には花が閉じます。多年草ですが寒さには弱く、一般的には一年草として扱われます。花は枝の先に咲くので、摘芯、切り戻しをして枝数を増やすことで、たく... アメリカンブルーの育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に例えられています。園芸品種が近年多様化しており、従来の紅色に加えて、乳白色、淡い黄緑、ピンク、斑入り... ポインセチアの育て方へ

アーティチョーク

2m近くまで大きくなり、鮮やかな紫色の花は10〜20cmと大型のアザミのような植物です。しかし、アザミとは別属で、アザミのように棘はありません。蕾は西洋野菜、葉や根は薬草としても用いられます。日本では... アーティチョークの育て方へ

オキシペタラム

日当たりと水はけの良い場所を好みます。 オキシペタラムの育て方へ

サザンカ

サザンカはツバキと似ていますが、ツバキは早春から春にかけて咲く花で、サザンカの野生種は10月から12月に白い花が咲きます。ツバキより耐寒性が弱いのも特徴です。新梢と葉柄、葉の裏表の中央脈、子房に短い毛... サザンカの育て方へ

ウツギ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。 ウツギの育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード