アロエ・フヤジョウの画像

アロエ・フヤジョウ

  • コラム: 56記事
  • 投稿画像: 0枚

GreenSnapには、みんなのお家のアロエ・フヤジョウの画像が 0枚投稿されています。アロエ・フヤジョウのコラムも 56記事あるので、育て方や増やし方、飾り方やアレンジテクニックまで様々な情報を調べることができます。

アロエ・フヤジョウの新着コラム

多肉植物って知ってる?女性に人気の多肉植物とは?人気の3タイプを紹介!の画像

多肉植物って知ってる?女性に人気の多肉植物とは?人気の3タイプを紹介!

多肉植物というものをご存知でしょうか? 園芸店はもちろん、最近は100均や雑貨店でも買えるので、一度は見かけたことがあるかと思います。 あるいは、お店の中やオフィスで見かけたという方もいるかもしれませ...

takenaka

2017.05.12

実は増やしやすい?アロエの増やし方の画像

実は増やしやすい?アロエの増やし方

多肉植物のアロエは初心者でも育てやすく食用としても広く知られています。 特に食用にする場合はどんどん増やしたいですよね。 今回はアロエを増やす方法を紹介します。アロエを育てたい方は、ぜひ参考にしてみて...

takenaka

2017.04.12

アロエは寒さに強い?冬の管理方法についての画像

アロエは寒さに強い?冬の管理方法について

アロエは多肉植物の中では非常にメジャーな品種ですが、冬の育て方について不安に感じている方も多いのではないでしょうか。 今回の記事ではアロエを育てる際の冬の管理について紹介致します。   ア...

takenaka

2017.04.11

アロエの夏場の暑さ対策の基礎知識の画像

アロエの夏場の暑さ対策の基礎知識

アロエは多肉植物の定番的な品種ですが、実は暑さの変化に少し弱い性質があります。 長く元気にアロエを育てるには夏の暑さ対策も重要となります。 今回の記事ではアロエの暑さ対策について紹介致します。 &nb...

takenaka

2017.04.11

暑さに強いアロエをご紹介!の画像

暑さに強いアロエをご紹介!

寒さに弱いアロエは、暑さにはめっぽう強い多肉植物です。 アロエは日の光を好む植物です。よくご家庭でも栽培されている有名な植物です。 暑さに強い理由と夏の管理方法をご紹介していきます。   ...

takenaka

2017.04.11

手軽にアロエのリメ缶を作ってみよう!の画像

手軽にアロエのリメ缶を作ってみよう!

国内最大規模のハンドメイドアプリ「Minne」。 その出展品の中に、リメ缶が商品として売られています。アレンジすることで、こんなにおしゃれに変わるのかと驚きです。 今回はアロエの鉢になるリメ缶を、気軽...

takenaka

2017.04.11

アロエ・フヤジョウの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Aloe nobilis

別名

不夜城

原産地

南アフリカ

アロエ・フヤジョウの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

多肉植物・サボテンの種類

ブロンズ姫

ブロンズ色の葉色が特徴的な多肉植物。 ブロンズ姫の育て方へ

朧月

暑さ寒さにとても強く、葉が凍らなければ露地でも越冬可能な多肉植物。 朧月の育て方へ

ベルム

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 ベルムの育て方へ

テッサ

提灯の様な花を咲かす美しい品種。「カランコエ・ウェンディ」と同様にオランダの大学で作り出された。吊り... テッサの育て方へ

バイオエンシス

根元からたくさん茎を出し、新芽も芽吹きます。白い棘が印象的ですが、先端は赤っぽくなっていますが次第に... バイオエンシスの育て方へ

キダチアロエ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 キダチアロエの育て方へ

福娘

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 福娘の育て方へ

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエの育て方へ

錦蝶

葉先から子株を落とし繁殖する多肉植物。 錦蝶の育て方へ

キリン冠 

強い刺のある多肉の小低木で茎は基部で分岐し、直立か斜上し、くびれた形で育っていきます。大きくなると高... キリン冠 の育て方へ

仙人の舞

赤褐色もしくは茶褐色の落ち着いた美しい彩りの多肉植物。 仙人の舞の育て方へ

ハムシー

釣り鐘状の花を咲かす多肉植物。開花したものがオリベランサスと言う名の鉢花として流通します ハムシーの育て方へ

リプサリス

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないと... リプサリスの育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテンの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード