警告

warning

注意

error

成功

success

information

パンジーの育て方|苗を植える時期と植え方は?水やりや肥料の頻度は?

  • スミレ科
  • スミレ属

花の色が豊富なため、寂しい花壇を一気に彩ってくれることから、寄せ植えなどにも人気の高いパンジー。蝶々のような人の顔のような模様が特徴的ですよね。今回はそんなパンジーについて、育て方を中心に簡単にご紹介します。

パンジーの育て方のポイントは?

パンジー 花壇

パンジーは毎年新しい園芸品種が生み出されていて、花色・模様などがさまざまな園芸品種が楽しめるので、飽きのこない一年草として人気ですね。

そんなパンジーの育て方のポイントは、植えるときの株間を広めに取っておくことと、咲き終わったら切り戻しの手入れをすることです。

とはいえ、苗を植える時期さえ守れば、あとは基本的な育て方でぐんぐん育つので、初心者でもたくさん咲かせられるよう、詳しくご紹介していきますね。

パンジーの苗を植える時期はいつ?

パンジーの苗を植える時期は10月中旬〜11月下旬が一般的です。

本格的に冬の寒さが来る前に植え付けることで、十分に根を張れ、春先でも生育がよくなるため長い期間花を楽しめます。関東などの一般地であれば、遅くとも12月中に植えておきましょう。

植え付けの目安は最低気温が10度以下ほどになったころです。もしくは気温が15度以上になった早春に植えるようにしてください。

植える時期がわかったら、苗を入手して次に紹介する手順で育てていきましょう!

パンジーの育て方① 植える場所を決める

パンジーは日当たりのいい場所を好みます。日当たりの悪い日陰で育てると、茎だけが伸びた不格好な姿になり、花も咲かなくなってしまうので注意しましょう。

パンジーは寒さには強いですが、栽培適温は15〜20℃程度の環境を好む性質にあります。そのため、9月ごろのまだ残暑が厳しい時期に苗を育て始めてしまうと、高温多湿にやられてうまく育たないので、できれば苗の購入は涼しくなったあとの10月頃から育て始めるのがおすすめです。

パンジーの育て方② 土づくりをする

プランター・鉢植えの場合

パンジーをプランターや鉢植えで育てるときは、初心者なら市販の草花用培養土を用いましょう。最近ではパンジーとビオラ専用の培養土もあるので、そちらもおすすめです。

市販の培養土にはだいたい元肥として肥料が含まれていますが、もし未配合の場合は規定料の緩効性肥料を足しましょう。

もし自分で配合土をつくるなら、赤玉土小粒6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合で混ぜたものに、規定量の緩効性肥料を元肥として足しておくといいです。

庭や花壇に地植えする場合

庭や花壇に地植えするときは、庭土を深さ30cmほど耕して、庭土に3〜4割ほど腐葉土か堆肥を混ぜておきましょう。さらに1㎡あたり緩効性肥料を200〜300gほど混ぜておくと元肥としてパンジーの生育を助けてくれます。詳しい肥料の量は製品表示を確認してください。

植え付けまでには1週間ほど時間を置いて土をなじませておきましょう。

パンジーの育て方③ 苗を植える

パンジー 株間

鉢植えやプランターへの苗の植え方

  1. 鉢に鉢底ネットを敷いて、鉢底石を底が見えなくなるまで敷き詰める。
  2. 草花用の土を鉢の1/2〜2/3くらいまでいれる。
  3. ポットからパンジーの苗を取り出して植える。
  4. 鉢の土の上に、十字に切った根鉢を開いて土と密着するように置く。
  5. 土を隙間にかぶせていき、鉢のフチ下3〜4cmほどのところまでいれる。
  6. 割り箸などでつついたり、鉢の側面を叩きながら土をつめていく。
  7. 鉢の底から水が流れ出るまでたっぷりと水やりをする。

庭や花壇に地植えするときの苗の植え方

  1. 土づくりをすませたら、あらかじめ土を均しておく。
  2. ポットにいれたまま苗をおいて配置を事前に決める。複数植える場合は間隔を15cmほどあける。
  3. 配置が決まったら深さ15cmほどの植え穴を掘る。
  4. ポットから苗を取り出して植える。
  5. 植え穴に十字に切った根鉢を開いて土と密着するように置く。
  6. 隙間を庭土で埋め戻して、かるく株元を手で抑える。
  7. 花壇や庭土全体が湿るよう、たっぷりと水やりをする。

植えるときの株間に注意!

パンジーを植えるときの株間は、とくに庭に地植えするなら20cm以上離して植えましょう。プランターの場合でも、一株を大きく元気に育てたい場合は、株間15cmをあけるといいです。

パンジーは植えるときの苗は小さめでも、見頃を迎える春〜夏にかけて、株張りがいいのでグングンと大きく育ちます。株間をあけずに植えると、蒸れの原因になって春に枯れることもあります。

植えたてのときは花壇がスカスカに見えても、春になれば一面パンジーが咲くので楽しみに育てましょう。

根張りをよくする植え方のコツ

ポットから苗をとりだしたときに、写真のように細かな白い根がぐるぐると土全体にまわっているようなら、根鉢(ポットに埋まっていた根と土のかたまり)の底部分を、清潔なハサミで十字に切るといいです。ハサミを切る深さは根鉢の1/3がベスト。

植えるときは十字部分をぱっくりと開いて置き、根鉢の内部と土が密着するように植えましょう。

もしここまで根が張っていなければ、根鉢は崩さずに植えても大丈夫です。切るのが不安なときは根鉢を1/3ほどほぐしてから植えてもいいですよ。

パンジーの育て方④ 水やりをする

パンジー プランター 水やり

鉢植え・プランターの場合

鉢植えやプランターでパンジーを育てている場合、水やりは土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷりと与えてください。とくに乾燥する冬の時期は乾きやすくなるので注意しましょう。

水やりのタイミングは、朝や日中の暖かい時間帯にやりましょう。冬の夜はかなり冷えて、与えた水が原因となって土が凍ってしまう可能性があるため、夕方以降に水やりするのは控えてください。

パンジーは土が凍っても枯れはしませんが、水が吸えなくなってしまい、しおれる原因になります。

庭や花壇に地植えした場合

パンジーを庭や花壇に地植えした場合は、苗を植えた後2週間ほどは3〜4日に1回を目安に、表面の土が乾いたら水やりするようにしてください。

しっかりと根付いて花が開いたり新芽がでてくるなど成長しだしたら、今後水やりをする必要はありません。雨の水分だけで育っていきます。

ただし2〜3週間雨が降らない場合や、極端に土が乾燥しきっているときは水やりをしてあげるといいですよ。

パンジーの育て方⑤ 肥料を与える

おすすめの肥料の種類

肥料にはいろいろな種類がありますが、ガーデニング初心者でも手軽に使えるのが化成肥料です。市販にはとくに草花用化成肥料や、パンジー・ビオラ用肥料などが売られているので、それを使うと失敗がないでしょう。

理想的な成分の配合はN-P-K=11-11-7の割合のもので、茎や葉を丈夫にする窒素(N)、花を咲かせるリン酸(P)が多めに配合されたものがおすすめです。

鉢植え・プランターの場合

鉢植えやプランターでパンジーを育てているなら、冬ごろになって花がよく咲き始めるようになってから、液体肥料で肥料を与えましょう。

液体肥料は規定量の水で十分に希釈して、10日に1回、水やりの代わりに与えてください。開花中はこのペースで肥料を与えておくと、長く開花が楽しめます。

ただし、肥料の与え過ぎは厳禁です。株の調子や花数が少なくなってきた頃を目安に肥料を与えても遅くはありませんので、肥料の与え過ぎには注意してください。

とくに4月以降は暑さで株が弱り始め、肥料が多いと逆に弱ってくるので、量を減らすか、様子をみて問題なさそうなら与えなくてもきれいに咲いてくれます。

庭や花壇に地植えした場合

地植えでパンジーを育てているなら、肥料は基本的には春になったら1回与えれば問題ありません。元肥(植え付けの土づくりの段階で混ぜた肥料)として緩効性肥料を施しているので、3〜4ヶ月は追肥する必要がないのです。

もし元肥に1年間効果が持続するタイプのものを使っていたら、そもそも追肥する必要もありません。

春の3月ごろになったら、緩効性肥料を規定量まいて、土と混ぜてあげましょう。

パンジーの育て方⑥ 芽を摘心する

パンジー 摘心

パンジーを植えてある程度たつと、どんどんと新芽が伸びてきます。このとき、芽の先を切る「摘心」をすると、わき芽が増えて花付きがよくなります。

画像の赤い線の部分で、清潔なハサミを使い切り取りましょう。

パンジーの育て方でよくある質問

パンジーが枯れたらどうする?花を長く咲かせるには?

パンジーの花が咲き終わったら「花がら摘み」という、咲き終わった花を取り除く作業をしましょう。花がら摘みをすることで、種の形成に入るのを防いで、その分のエネルギーを次の花へと回すことができます。

さらに夏までより長く咲かせたい場合は「切り戻し」という剪定のお手入れをするといいです。切り戻しとは、花が咲き終わって株姿が乱れたときに、茎を途中で切り揃えることで再びこんもりと咲かせることをいいます。

詳しいやり方はこちらの記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください

パンジーの開花時期は11月上旬頃から最長で6月上旬頃までです。寒さにはめっぽう強く、暑さに弱いといっても25℃ほどまでは問題ないので、梅雨の前くらいまで咲くこともあります。

パンジーは一年草なので、開花時期が長いのが魅力です。一度咲き終わったからといって放っておかず、しっかりとお手入れすると半年ほど咲いてくれますよ。

4月下旬〜6月の間に花の勢いが衰えたら寿命を迎えたということなので、これを目安に片付けましょう。5月のGWはちょうど夏の花の植えどき時期なので、この連休で片付けるのもおすすめです。

パンジーって多年草?夏越しできるの?

確かにパンジーを夏越しさせることはできます。基本的には下記のような管理方法をすれば夏越しできる可能性が高まります。

  • 日陰、または室内の涼しい場所に移動させる
  • 余分な花を咲かせず、花がらも摘んで種をつくらせない
  • 肥料は控えて、水やりも葉がしおれてからやる

とはいえ、夏越しの成功率はかなり低いです。成功したらラッキーぐらいに捉えたほうがいいでしょう。もし夏越しできたとしても株自体に疲労が溜まっているので、もともと咲いていたような豪華な花付きは期待できません。

結果的に夏越しの労力に見合わないことになるので、鑑賞目的なのであれば、新しい苗を植えるか、挿し芽や種まきで増やした方が楽しめますよ。

パンジーはどのくらい寒さに強い?雪が降っても大丈夫?

パンジーは霜に当たっても枯れないほど寒さに強いです。とはいえ雪がたくさん降るような地域や、気温がマイナスになるな地域では、防寒対策をしたほうがいいでしょう。

おすすめの防寒対策は、腐葉土を土の植えに5〜7cmほど盛ってマルチングをする方法です。こうすることで地温が下がるのを防止でき、寒さが和らいだあとは土にすき込んでふかふかにすることもできます。

また雪が降りつもるような場合は、できれば花壇やプランターにドーム型の支柱をさして、寒冷沙などをかけておきましょう。直接雪が降り積もると、茎が折れる原因になるので注意してください。

なお、一般地や暖地であっても、ベランダの寒風が直撃するような場所で育てると葉が紫へと変色してしまう可能性もあるので避けてください。

パンジーの増やし方を知りたい!

パンジーの増やし方は「種まき」と「挿し芽」があります。どちらも今育てている方法から増やすことができますよ。

難しくはないので挑戦してみるといいですが、日本には種苗法という法律があり、登録品種のパンジーを増やして譲渡したり販売することは禁止されているので気をつけましょう。とはいえ自宅で楽しむ程度なら問題ありませんよ。

詳しいやり方はこちらの記事を参考にしてみてください。

パンジーの育て方で注意すべき病気・害虫

パンジーがかかりうる病気は、うどんこ病とモザイク病、灰色カビ病の3つです。うどんこ病は温度が低くても発病するので、日当たりや風通しをよくすることで改善できます。また、お酢をかけておくことで予防にもなります。

モザイク病は、アブラムシを媒体として起こる病気なので、害虫対策が重要となります。灰色カビ病は、日当たりと風通しをよくすることで防げます。

全て発生後は、薬で対処するのが最適です。害虫としては、アブラムシやヨトウムシ、ナメクジが挙げられます。

アブラムシは酢、ナメクジは鉢底に薬剤を置くだけで未然に防げますが、ヨトウムシに関しては駆除するほかないので、見つけ次第潰してしまいましょう。

パンジーの育て方を覚えて花壇を彩ろう!

パンジー 黄色

今回は愛の花・パンジーについて、育て方を中心に簡単にご紹介しました。

日本でも花言葉や伝承に違わず、子どもの頃から多くの人が、その鮮やかで美しい姿で楽しませてもらってきたことでしょう。

そんな花を自宅で育ててみれば、家族や恋人と一緒に、もしくは一人身でも、真の愛を見つけるチャンスが得られるかもしれません。

パンジーは比較的育てやすい花であり、ガーデニング初心者の方にもおすすめですので、ぜひ栽培に挑戦してみてください。

パンジーの新着コラム

ビオラ・パンジーが咲き終わったら?花がら摘み・切り戻しの剪定のコツ!の画像

ビオラ・パンジーが咲き終わったら?花がら摘み・切り戻しの剪定のコツ!

パンジーの花言葉|怖い意味がある?色や特徴は?漢字や和名はなに?の画像

パンジーの花言葉|怖い意味がある?色や特徴は?漢字や和名はなに?

パンジー・ビオラの人気品種13選!八重咲きやフリル咲きの種類もあるの?の画像

パンジー・ビオラの人気品種13選!八重咲きやフリル咲きの種類もあるの?

ビオラ・パンジーの花が咲かない、枯れる原因とは?三上真史のお悩みQ&Aの画像

ビオラ・パンジーの花が咲かない、枯れる原因とは?三上真史のお悩みQ&A

【GreenSnap for Kids】小学校プロジェクトスタート!第1回 花苗を植えました♪の画像

【GreenSnap for Kids】小学校プロジェクトスタート!第1回 花苗を植えました♪

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

パンジーの基本情報

ジャンル
草花
形態
一年草
学名
Viola ×wittrockiana
別名
ビオラ
原産地
ヨーロッパ

パンジーの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
弱い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
10月 、11月、12月
肥料
1月 、2月、3月、4月、11月、12月
開花
1月 、2月、3月、4月、5月、10月、11月、12月

パンジーの新着投稿画像

みんなのパンジーの育て方

いいね
194

パンジー・ビオラの夏越し!

種から育てたパンジー・ビオラの夏越しに挑戦✨
by.ぷくじろう
いいね
10

パンジー

21秋に種で購入
by.ぺぐ
いいね
0

パンジー

5/11植え替え
by.千秋万歳

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
バラの画像

バラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。