警告

warning

注意

error

成功

success

information

朝顔(アサガオ)の育て方|種まきや植える時期は?水やりやツルの巻き方は?

  • ヒルガオ科
  • イポメア属

小学校の夏休みの課題として用いられることから、誰しも一度は育てたことがあるであろうアサガオ(朝顔)。夏の風物詩にもなっている身近な花ですよね。

アサガオの育て方は比較的かんたんなので、初心者におすすめできるのも魅力です。ここではそんなアサガオの育て方を、種まきからつるの仕立てまで詳しく解説していきます。

朝顔(アサガオ)の育て方のポイント

アサガオの育て方は次の3つのポイントが重要です。

  1. 水やりをよくして水切れさせないこと
  2. 支柱を立ててつるを誘引することと
  3. 速効性のある液体肥料を定期的に与えること

あとは日当たりのいい場所に置いておけば、初心者でも種まきから簡単に育てられますよ。いろんな咲き方や花の模様があるので、こちらの記事から好みのアサガオを探してみてくださいね。

朝顔(アサガオ)を育てるときに用意しておくもの

  • 種まきから育てる場合、3号ポリポットなど
  • 種まきから育てる場合、市販の種まき用培養土
  • プランター
  • 市販の草花用培養土
  • 鉢底ネット、鉢底石
  • リング支柱、もしくはネット
  • 草花用の化成肥料(液体肥料がおすすめです)

プランターの大きさは直径20〜30cm、深さ20〜30cmほどのスタンダードサイズと呼ばれる大きさのものを用意しておくといいです。グリーンカーテンに仕立てる場合は、360型と呼ばれる横に長いプランターが便利です。

朝顔(アサガオ)の種まき

種まき時期はいつ?

アサガオの種まき時期は、5〜6月が適期です。

アサガオの種の発芽の目安は、気温20度から25度です。気温が低いならば、種まき時期を少し遅らせるなどしましょう。品種によっても変わりますが、アサガオの種は低温だと発芽しません。

アサガオは種からでも苗からでも簡単に育てられます。もちろん種から育てるほうが時間も手間もかかりますが、より安価にたくさんの花を楽しめますよ。

種まき前に「芽切り」をしよう!

アサガオ 朝顔 種 芽切り

アサガオの種まきをする前に、芽切りしておきましょう。アサガオの種の皮は硬いので、そのまま土に種まきしただけではうまく水分を吸収できずに、発芽しなかったり、発芽のタイミングがそろわなくなってしまいます。

芽切りの方法は、アサガオの種のまるみのある背中部分を、カッターなどで多少削ればいいだけです。ほかにもヤスリでひっかくだけでも問題ありません。白っぽい皮の内側が露出するくらい削れればOKです。

ちなみに市販の種はすでに処理されていることが多いので、製品表示を確認してみましょう。

朝顔の種まきの方法

  1. ポットに土をいれて湿らせておく

    朝顔 種まき ポットに土をいれて湿らせておく

    まずはポットなどの容器に、市販の種まき用の土を8割ほどいれましょう。写真ではジフィーポットという土にそのまま植えられるタイプの容器を使用しています。

  2. 土の上に種をまく

    朝顔 種まき

    土の上に、アサガオの種のヘソを下側にして種まきします。つまり削った部分が上側にくる形です。

    このジフィーポットは5.5cmサイズですが、1ポットにつき3粒ほどを均等に種まきしています。

  3. 種の上に土をかぶせる

    朝顔 種まき 種の上に土をかぶせる

    アジサイの種は嫌光性種子といって、発芽するまでは日光を嫌う性質をもっています。そのため、種の上に1cmほど土をかぶせていきます。

  4. 水やりをたっぷりする

    朝顔 種まき 水やりをたっぷりする

    再度、優しい水流でたっぷりと水やりをしましょう。種が流れて動かないように気をつけてください。

  5. 日陰で管理する

    朝顔 種まき後 日陰で管理する

    種まき後は明るい日陰ほどの場所で、土が乾かないように管理してください。1週間ほどで発芽します。

直まきなら間引きも必要!

失敗も増えるのでおすすめはしませんが、横長のプランターなら直接種まきすることもできます。その場合は、15cm間隔をあけて2粒ずつ種まきをしましょう。

本葉が開いてきた頃に、生育が悪い(茎や葉が細い・小さい、発芽が遅い)ほうの苗を優しく引き抜いて間引きをします。

朝顔(アサガオ)の苗の植え方

植える時期はいつ?

アサガオの苗を植える時期は5月下旬〜6月下旬です。種まきから2〜3週間後、葉が3枚ほどになったら、プランターや鉢に植えるか、庭に植え付けをしましょう。

苗の植え方

  1. プランターに鉢底ネット、鉢底石をしきつめておく。
  2. 草花用の培養土を3割ほどいれる。
  3. ポットからアサガオの苗を取り出して、根は崩さずに培養土の上に置く。
  4. 苗の根の肩が、プランターのふち下1〜2cmの高さになるように、苗下の土の量を調整する。
  5. 根を避けて、プランターの隅に数カ所支柱を立てる。
  6. 隙間に土をいれていて、ときおり菜ばしなどで土をつついて詰めていく。
  7. プランターのふち下1〜2cmまで土を入れたら、軽く手で抑える。
  8. 最後に、鉢底から水が流れ出るまでたっぷり水やりをして完了。

アサガオを地植えする場合は、堆肥をいれて土づくりをすませておき、苗を20cm間隔で植えましょう。

朝顔の土について

アサガオを植えるときは、必ず市販にあるような「草花用培養土」を使いましょう。適当な庭土では土壌酸度が異なるため、うまく育ちません。最近では100円ショップにも商品が並んでいるので、安価で栽培に適した土が手に入りますよ。

もし自分で配合してつくる場合は「赤玉土小粒6:腐葉土3:バーミキュライト1+緩効性肥料適量」を混ぜて使います。

アサガオを地植えで育てるときは、苗を植える2週間前から準備します。庭土1㎡あたり200gの苦土石灰をまいてよく漉き込んでから、その1週間後に堆肥を2kgと緩効性肥料を適量混ぜて、さらにその1週間後に植え付けです。

朝顔(アサガオ)の栽培場所・日当たり

朝顔 アサガオ 葉っぱ

アサガオのプランターや鉢は日当たりの良いところにおいてください。また、地植えする場合には、日当たりがよく水はけがよい場所に植えるましょう。

ちなみにアサガオは種まきから育てた場合、だいたい1週間ほどで発芽します。子葉が出て本葉が生えてきたら、直射日光を避けた日当たりのいい場所に移動させましょう。

朝顔(アサガオ)の水やり

アサガオの水やりは、土の表面が白く乾いたら、底から流れ出るまでたっぷりと与えるのが基本です。

水やり頻度はあくまで目安ですが、7月以降の盛夏は朝と夕の1日2回、水やりが必要になることもあります。とくにこの時期は水切れで枯れやすいので注意しましょう。

とはいえ、土がずっと湿っている状態でも根腐れで枯れてしまうので、土が乾いてから水やりという基本を忘れないようにしてください。

また、暑い時期は必ず朝や夕方の涼しい時間帯に水やりをしてください。日中に水やりをするとプランターや鉢の中が蒸し風呂状態になって弱ってしまいます。

朝顔(アサガオ)の肥料

肥料を与える時期

アサガオの花付きの良さを左右するのが肥料です。アサガオの肥料は苗を植えてから2〜3週間後にあたる6月から始めて、8月上旬まで定期的に与えるようにしましょう。

朝顔におすすめの肥料

アサガオの肥料には、市販の草花用液体肥料がおすすめです。液体肥料は速効性があり、暑い時期に疲れがちなアサガオを労るように栄養を供給できます。

また、肥料には窒素・リン酸・カリの3要素が含まれていますが、アサガオにとって大切なのは花付きに効果を発揮するリン酸です。草花用と明記されている商品であれば、リン酸が多く配合されています。

反対に葉や茎に栄養を与える窒素が多すぎるとつるボケという花がつかずにつるだけ伸びる状態になってしまうので気をつけましょう。観葉植物用の肥料が余っているからといって使うのは控えてください。

肥料の与え方

アサガオに肥料を与えるときは、液体肥料を水に数滴混ぜて、水やりの代わりに与えてください。混ぜる量は製品によって異なるので、製品表示をよく確認しましょう。

肥料を与える頻度は月3〜4回です。肥料を与えすぎても肥料焼けを起こして弱ってしまうので、そういったときは水やりの量(頻度ではありません)を増やして、栄養分を押し流してあげるといいです。

朝顔(アサガオ)のつるの巻き方!行燈仕立てのやり方は?

朝顔 アサガオ つるの誘引 支柱

アサガオのつる性植物なので、どんどんつるが伸びていきます。支柱を立てて誘引するか、ネットに這わせてグリーンカーテンをつくりましょう。

つる誘引方法はいろいろありますが、プランターや鉢植えにおすすめなのが、見栄えのいい「行燈仕立て」です。

最近では100円ショップにリング支柱が売っているのでそれを使うか、3本の支柱をプランターの隅に挿して針金で地面と並行に支柱同士を繋ぐという使い方でもできます。

アサガオのつるは放っておいても支柱になかなか巻き付きにくいので、最初のうちはつるを手で誘引して、支柱に軽く絡ませるようにする必要があります。

伸びたての柔らかいうちに、上の写真のように支柱に対して螺旋状に巻きつけていきます。

また、摘心をすることも大事です。摘心とはつるの先端を切るもので、これによって、わき芽をより育ちやすくなり、わき芽が多ければそれだけつるも絡みやすくなります。

朝顔(アサガオ)の育て方で注意すべき病気・害虫

アサガオ 朝顔 葉っぱ 害虫

つきやすい虫

アサガオはアブラムシおよびアカダニの被害が起こることでも知られています。

特に気を付けたいのがアブラムシです。アブラムシには機リン系の殺虫剤が効果が高いです。見つけ次第、アブラムシを捕食するヒラタアブなどの天敵を用いたり、脂肪分の多い牛乳を薄め、これを霧吹きするなどして駆除しましょう。

かかりやすい病気

アサガオをジメジメした環境で育てていると、モザイク病などにかかります。こちらは斑点が葉にでるので見分けがつくはず。

また、白い粉がついたかのようにみえるうどんこ病にも気を付けてましょう。早めに対処すれば被害を最小限にできるので、発症した箇所はすぐ切り取ってください。

朝顔(アサガオ)の花が終わったら

アサガオの花の開花時期は、基本的に7月から10月ごろまでです。また、アサガオは朝に花を咲かせて昼にしぼむ一日花なので、しぼんだらその花が咲くことはありません。

そのため、7〜9月ごろはしぼんだ花を摘み取って、次の花をつくるためのエネルギーに回してあげましょう。

ある程度の期間、花を楽しんだら花が枯れても摘み取らず、実らせて種を採取するのもおすすめです。実が茶色くなってきた、11月秋頃になれば種の採取ができますよ。

朝顔(アサガオ)の育て方は簡単!種まきからプランター栽培してみよう!

アサガオ 朝顔 花

アサガオの育て方について詳しく紹介しましたが、「そこまで難しくない」と感じた人は多いのではないでしょうか。アサガオは最初にも紹介したように初心者向きですから、園芸を最近始めた人にはうってつけです。品種も数多いので、園芸店に行って気に入ったアサガオの種を選んでみましょう。

GreenSnapユーザーの朝顔栽培体験談

朝顔行灯仕立て なんとか2段目まで来ました。

tonton11

お盆に終わった朝顔の種をそのまま植えて鶴を伸ばさず咲かせて見ました 10月のいまでも花を?つけてます

hakurin

発芽率を高くするポイントは、タネの背の丸くなった部分に丁寧に傷をつける。爪研ぎを使うとやりやすいです。

ピッチ

※トップ画像はAbeさん@GreenSnap

アサガオの新着コラム

朝顔の肥料の正しい与え方や時期、おすすめや100均のものでも大丈夫?の画像

朝顔の肥料の正しい与え方や時期、おすすめや100均のものでも大丈夫?

朝顔(アサガオ)のつぼみが咲かない原因や開花させるポイントは?の画像

朝顔(アサガオ)のつぼみが咲かない原因や開花させるポイントは?

朝顔(アサガオ)の種類|人気品種14選!八重咲き、変色咲きもある?の画像

朝顔(アサガオ)の種類|人気品種14選!八重咲き、変色咲きもある?

アサガオ(朝顔)が枯れる原因|葉っぱの黒い点や茶色いシミの原因は?の画像

アサガオ(朝顔)が枯れる原因|葉っぱの黒い点や茶色いシミの原因は?

アサガオ(朝顔)の種の収穫|時期や取り方は?保存方法は?毒があるって本当?の画像

アサガオ(朝顔)の種の収穫|時期や取り方は?保存方法は?毒があるって本当?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

アサガオの基本情報

ジャンル
草花
形態
一年草
学名
Ipomoea nil
別名
朝顔
原産地
熱帯

アサガオの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

種まき
5月 、6月
植え付け・植え替え
5月 、6月
肥料
5月 、6月、7月
開花
7月 、8月、9月、10月

アサガオの新着投稿画像

みんなのアサガオの育て方

いいね
9

アサガオ

小学校でもらった種
by.ぺぐ
いいね
0

アサガオ

小さいプランターには自生していた背の低いアサガオ
by.ゆでたまご
いいね
38

琉球アサガオの成長記録🌞✨

HCで出会ったおばあちゃんがグリーンカーテンにして...
by.にゃんこ

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
バラの画像

バラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。