コアジサイの画像

コアジサイの育て方

  • アジサイ科
  • アジサイ属

コアジサイの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Hydrangea hirta

別名

シバアジサイ

原産地

日本

コアジサイの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
コアジサイの育て方の画像

コアジサイは、別名シバアジサイとも呼ばれる、日本原産の小さなアジサイで、関東から九州の限られたエリアに自生している落葉低木です。

花が咲くのは6月から7月の梅雨の時期で、赤紫色の細い枝先に、花径5ミリ程度の小さな花が手毬状にまとまって付きます。ひとまとまりが直径5センチほどの大きさで、花の色は白から淡いブルーです。

他のアジサイと違って、装飾花(ガク)がないのが特徴的です。

花からはさわやかな香りを楽しむことができ、秋には黄葉も楽しめますよ。

また、コアジサイはよく枝分かれし、高さ1メートルから1.5メートルくらいに育ちます。

ここでは、そんなコアジサイの育て方についてご紹介したいと思います。

コアジサイの育てる場所

コアジサイは、基本的に半日陰を好みますが、日当たりが良くても日陰でも育ちます。

とはいえ、日当たりが悪すぎても花付きが悪くなってしまいますし、逆に日差しが強すぎても葉焼けしてしまいますので注意しましょう。

コアジサイの水やり

コアジサイは乾燥に弱いので、土が乾いたらその都度たっぷりと水やりをします。

とはいえ、むやみやたらに水を与えればよいというものでもなく、土が乾かないうちに水やりをしすぎても、根腐れの原因になりますので注意が必要です。

目安としては1日2回程度と考えておけばよいでしょう。

また、午前中に水やりをすると水が温まってしまい、根腐れを起こすこともありますので、水やりは夕方にしてください。

肥料

コアジサイには、年に2回春と秋に油かすなどの有機肥料を置き肥します。

用土

コアジサイは、水はけが良く水もちも良い土壌を好みます。

例えば、赤玉土と鹿沼土の混合土などを使うとよいでしょう。

病害虫

コアジサイには病害虫の心配はほとんどないと言われています。

とはいえ、アブラムシが付く場合や、ナメクジなどに葉っぱを食べられてしまうことがあります。

いずれも、見つけたらすぐに殺虫剤で駆除してください。それほど多くなければアブラムシはテープで張り付けて取ることもできますし、ナメクジは捕獲して取り除いてもOKです。

コアジサイの植え付け・植え替え

コアジサイの植え付けは、春に行うのがベストですが、梅雨の時期や秋でも問題ありません。

コアジサイの植え替えのコツは、根を崩さないようにすることです。

植え付ける株よりも少し大きめに穴を掘って植え付けます。そして、植え付けたらたっぷりと水やりをしてあげてください。

コアジサイの増やし方

コアジサイは、挿し木で増やすことができます。挿し木に適しているのは4月頃です。

しばらく水に挿して吸水させてから、挿し木用の新しい土に挿すようにするとよいでしょう。

コアジサイの手入れ

コアジサイのお手入れというと剪定ですが、秋に翌年のための花芽ができますので、花が終わったら夏の間に行います。

花だけを切るのがコツです。また、伸びすぎた枝も切ってしまってOKです。

まとめ

ここでは、日本原産のコアジサイの育て方についてご紹介しました。

コアジサイは、本州から九州まで日本各地の特定のエリアに自生していて、その名の通り小さなアジサイです。

小さな花が集まって手毬状に咲く姿がとてもかわいらしいですね。

日当たりがそれほど良くない場所でも育てられますし、病害虫の心配もそれほどありませんので、初心者にも育てやすい植物だと言えます。

※トップ画像はのんちさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ローズゼラニウム

名前の通り、バラの香りがします。花弁は白や薄いピンクで、細く、繊細な印象を与えます。 ローズゼラニウムの育て方へ

アンゲロニア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 アンゲロニアの育て方へ

シマトネリコ

明るい日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。寒さにはあまり強くなく、気温... シマトネリコの育て方へ

ハツユキソウ

草丈は1m前後になり、茎はまっすぐ直立して上の方でいくつかに枝分かれします。緑の葉縁に白い覆輪が入っ... ハツユキソウの育て方へ

ヤマブキ

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 ヤマブキの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード