警告

warning

注意

error

成功

success

information

スモモ

『忠実』『貞節』『独立』『甘い生活』『誤解』。「誤解」は、「李下に冠を正さず」という有名な故事成語に由来するといわれています。サクラに似たちいさな花を咲かせます。品種も多く育てやすいため、家庭でも栽培しやすい果樹です。花期は3~4月、旬の時期は6~9月です。
コラム
0件
投稿画像
890枚

スモモの新着コラム

記事がありません。

スモモの新着投稿画像

いいね済み
145
醜男
李/酸桃(スモモ) バラ科スモモ属の落葉小高木。英名はプラム。中国原産で奈良時代に渡来した。果樹として栽培されるが、里山に野生化していることもある。花期は3~4月。花は白色、一重咲き。葉の展開前に小ぶりの花がぼんぼり状に集まって咲く。開花時は木全体が緑白色に見える。葉は長楕円形でモモより幅が広くて波打つ。果実は核果。赤紫色〜黄色で無毛。 スモモはニホンスモモとヨーロッパスモモの2種が重要である。ニホンスモモは中国原産で奈良時代に渡来し、江戸時代末期に日本からアメリカに渡り、ほかのスモモとの交雑などを経て世界に広がった。明治時代に日本に逆輸入され本格的な栽培が始まった。薄い赤色の果皮とさっぱりとした甘さの『大石早生』、果皮が黄緑色で果肉が赤い『ソルダム』など様々な品種がある。酸味はクエン酸やリンゴ酸によるもので、疲労回復に役立つ。食物繊維が多く含まれ、腸の働きを高める。山梨県、和歌山県、福島県なとが主産地。ヨーロッパスモモはヨーロッパで栽培が多いが、ミネラルを多く含むことからプルーンの名で日本でも栽培され出回るようになった。生食のほか乾果にもされる。長野県が主産地で、『サンプルーン』『スタンレー』などが栽培される。 名前の由来は、モモに似た形の果実がモモよりも酸っぱいことから『酸桃』の意味であるとも、モモの果実にある毛が少ないことから『素桃』の意味であるともいう。 出典『食材図典』『里山の花木 ハンドブック』『樹木 見分けのポイント図鑑』『図説 果物の大図鑑』『フルーツひとつばなし』『樹木の名前』
いいね済み
116
醜男
酸桃(スモモ) バラ科スモモ属の落葉小高木。英名はプラム。中国原産で奈良時代に渡来した。果樹として栽培されるが、里山に野生化していることもある。花期は3~4月。花は白色、一重咲き。葉の展開前に小ぶりの花がぼんぼり状に集まって咲く。開花時は木全体が緑白色に見える。葉は長楕円形でモモより幅が広くて波打つ。果実は核果。赤紫色〜黄色で無毛。 スモモはニホンスモモとヨーロッパスモモの2種が重要である。ニホンスモモは中国原産で奈良時代に渡来し、江戸時代末期に日本からアメリカに渡り、ほかのスモモとの交雑などを経て世界に広がった。明治時代に日本に逆輸入され本格的な栽培が始まった。薄い赤色の果皮とさっぱりとした甘さの『大石早生』、果皮が黄緑色で果肉が赤い『ソルダム』など様々な品種がある。酸味はクエン酸やリンゴ酸によるもので、疲労回復に役立つ。食物繊維が多く含まれ、腸の働きを高める。山梨県、和歌山県、福島県なとが主産地。ヨーロッパスモモはヨーロッパで栽培が多いが、ミネラルを多く含むことからプルーンの名で日本でも栽培され出回るようになった。生食のほか乾果にもされる。長野県が主産地で『サンプルーン』『スタンレー』などが栽培される。 名前の由来は、モモに似た形の果実がモモよりも酸っぱいことから『酸桃』の意味であるとも、モモの果実にある毛が少ないことから『素桃』の意味であるともいう。 出典『食材図典』『里山の花木 ハンドブック』『樹木 見分けのポイント図鑑』『図説 果物の大図鑑』『フルーツひとつばなし』『樹木の名前』

スモモの基本情報

ジャンル
果樹
形態
高木
学名
Prunus salicina
別名
原産地
中国

スモモの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
1月, 2月, 3月, 11月, 12月
肥料
2月, 5月, 10月
開花
3月, 4月

家庭菜園の種類

ズッキーニ

キュウリのような見た目ですが、カボチャ属に属するカボチャの仲間です。

スイカ

夏の味覚の王様で、夏バテや熱中症対策にもバッチリ!

ポポー

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

カリン

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

イネ

紫イネや縞イネなどは観賞用に栽培される。

スパティフィラム

人参

畝を作り、水はけの良い場所。

ニンニク

そら豆

酸性土壌には弱い。

ミラクルフルーツ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置い

こんにゃく

チャイブ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

ハバネロ

日なたを好みますので、できるだけ日光の当たる場所へ置いてください。真夏の直射日光も問題ありません。寒

ライチ

イチゴ