柵は使うの?シャコバサボテンの育て方について


FLORA

FLORA


公開日:2017.04.03

シャコバサボテンは品種によって違った色を楽しむことができるサボテンです。

サボテンというのは砂漠で育つ植物だと思われる人も多いでしょうが、シャコバサボテンは霧が多い森林で生えている植物です。

シャコバサボテンの育て方について紹介していきます。

 

シャコバサボテンの置き場所は?

春から夏の間は、シャコバサボテンを屋外に置いて育てることはできますが、

シャコバサボテンは暑さや多湿を嫌うので、直射日光にはあたらない場所に置いておきましょう。

風通しのいい明るい日陰に置いておくのがベストとなっています。

地面にそのまま置いておくのではなく、レンガなどを鉢の下に置いて、

下からも風が通るように配慮しておけば、生育不良を起こす心配がなくなります。

冬には、凍って枯れることがないように、室内にいれて、日当たりのいい窓際などで管理をしてください。

 

冬と真夏の水やり

真夏の水やりは控えめにして、土の表面が乾いてから1日か2日経った頃に水を与えてください。

真夏は土の表面がすぐに乾いてしまうだけなので、

水をたっぷりやっても植物自体に吸収されることがないので、過保護に水やりをするのはやめておきましょう。

冬は休眠期になっているので、生育が鈍っているせいで、水をほとんど必要としません。

月に1回か2回の水やりで十分なので、水やりには気を付けて育ててあげてください。

 

花を咲かせるには柵が必要?

短日植物であるシャコバサボテンは、短日処理というものを行うことで花を咲かせます。

短日処理は、日が当たる時間を短くする作業で、柵や段ボールなどを使って光をあてないように工夫する必要があります。

10月以降になったら、気温が10度から20度の中で、日が当たる時間を12時間未満にさせましょう。

そうすることで、シャコバサボテンは日が短くなってきたと感じて花を咲かせてくれます。

室内で育てている場合は、照明に当てないように気を付けて短日処理を行ってください。

 

まとめ

様々な色の花を見せてくれるシャコバサボテン。

品種によってその色は変わってくるので、短日処理を行って、花を咲かせてみてください。

 

 

※トップ画像はPhoto by ERIさん@GreenSnap

サボテンの育て方に関連するカテゴリ

サボテンの育て方の関連コラム

シャコバサボテンの育て方の画像

シャコバサボテンの育て方

寒い冬、お花がなくて寂しいと思っている人におすすめなのが「シャコバサボテン」です。 ブラジルの高山地帯である「オルガン山脈」が原産のシャコバサボテンは、クリスマスの頃に咲くので別名「クリスマスカクタス...

GreenSnap編集部

2019.02.06

バイオエンシスの育て方の画像

バイオエンシスの育て方

バイオエンシスは、トウダイクサ科のユーフォルビア属に分類される多肉植物です。 トゲもしっかり生えており、一見サボテンのように見えますが、サボテンの仲間ではありません。 今回は、そんなバイオエンシスの育...

takenaka

2017.06.02

紅彩閣の育て方の画像

紅彩閣の育て方

紅彩閣はサボテンのようにトゲトゲとした見た目が特徴的ですが、実は多肉植物のユーフォルビア属の仲間なんです。 そんな個性的な紅彩閣の育て方について一緒に見ていきましょう。 基礎情報 日当たり 紅彩閣は...

takenaka

2017.06.02

ソテツキリンの育て方の画像

ソテツキリンの育て方

ソテツキリンは、株姿がまるでパイナップルで、「ユーフォルビア・パイナップルコーン」という別名もあります。 「鉄甲丸」は南アフリカ原産の品種なのですが、峨眉山の交配元は定説がありません。 ソテツキリンの...

takenaka

2017.06.02

キリン冠の育て方の画像

キリン冠の育て方

キリン冠は、ユーフォルビア属のトウダイグサに分類される多肉植物の一種です。 見た目はサボテンのようで、また強いトゲを持っているのもキリン冠の特徴です。 今回は、そんなキリン冠の育て方について紹介してい...

takenaka

2017.06.02

サボテンの育て方のみどりのまとめ

《胴切りチャレンジ!》将軍を斬るっ、の巻

白檀の生長記録 2019.06.18更新

実生のサボテン

兜 実生 その後

ディスコカクタス属 実生その後

マミラリア ミックス 実生

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード