警告

warning

注意

error

成功

success

information

アメジストセージの育て方|大きくなりすぎた株の剪定は?花が終わったら?

  • シソ科
  • サルビア属

アメジストセージは、メキシコや中央アメリカを原産とするシソ科のハーブです。夏から秋にかけて「紫」や「白」の花が咲き、主に観賞用のハーブとして親しまれています。

ポプリやリースといったアレンジも楽しめるアメジストセージの育て方を紹介します。

アメジストセージの花を花壇で咲かせよう!

アメジストセージの花の開花時期は、8〜11月頃です。この時期になると、アメジストセージは、紫や白、ピンクなどの色の花を咲かせます。

その花には細かい軟毛がたくさん生えていて、触るとふさふさしているのが特徴です。

地下茎で増えていく宿根草ハーブなので、とても丈夫で繁殖力も旺盛です。育て方は簡単ですが、むしろ増えすぎや大きくなりすぎに注意してそだてましょう。

no-img2
家庭菜園士 七尾びび
アメジストセージと呼ばれるメキシカンブッシュセージの花の香りは強い芳香ではないので、育てやすいですよ。

アメジストセージを育てる場所

アメジストセージはメキシコや中央アメリカが原産なので、温かい場所を好みます。育てる時は、日当たりのよい場所に置くようにしましょう。

どちらかというと乾燥を好むので、鉢植えで育てるときは水はけのよい土を選んで苗を植えるようにします。湿気が多いと根腐れを起こしやすくなるので、気を付けてください。

冬場に霜にあたると枯れるので、鉢植えの場合は室内の日当たりが良い場所においてもよいです。

no-img2
家庭菜園士 七尾びび
セージの品種はすべて蒸れに弱いので、風通しのよい場所で育てるのがおすすめです。

アメジストセージの水やり

アメジストセージへは、地植え・鉢植えどちらも根が付くまでは毎日水を与える必要があります。

春から初夏にかけては1日1回、梅雨が明けたら1日2回水やりをします。涼しくなってきたら、水やりは週2~3回に減らします。土が乾燥してきたと感じたら水やりをするようにしてください。また、冬になると枯れてきますが、冬越しができれば、春になると新芽が出ます。

アメジストセージの肥料

アメジストセージには、春と秋の年2回緩効性の化成肥料を与えます。最初の植え付けの時期に与えたら、その後は植え替えの時を目安にします。

肥料の与え過ぎは肥料焼けの原因にもなり、逆に成長を妨げるので注意しましょう。

また、虫が発生しやすい梅雨時の追肥は避けましょう。

アメジストセージの用土

アメジストセージを育てる土を選ぶときは、水はけが良いものを選びます。市販されている「ハーブ用」や「観賞植物用」の培養土でも育てることができます。

自分でブレンドをする場合は、小粒の赤玉土を中心にして腐葉土と緩効性の化成肥料を混ぜます。鉢の底には鉢底石や軽石を敷いてから土を入れると水はけがよくなります。

no-img2
家庭菜園士 七尾びび
酸性土壌では生育が悪いのが特徴なので注意しましょう。
過去に別の植物や野菜を育てたあとの土は酸性に傾いていることが多いのでできれば新しい土で栽培するか、苦土石灰などで調整した土で栽培してください。

アメジストセージの植え付け・植え替え

アメジストセージの植え付け時期は4月と9月ごどの春秋2回です。とくに宿根草何年も花を楽しみたいなら、春蒔きがおすすめです。

苗から育てるときは、根の部分をほぐしてから植え付けをします。鉢は、苗の大きさよりも一回り大きなものを選んでください。植え替えは、1年に一度行います。根が張っていると感じたら、植え替えをした方がよいでしょう。

花壇に植えるときのコツ!

なお、アメジストセージは最大で150cmの大きさになります。庭で育てる場合は、鉢植えで大きくなってきたら、植え替えて地植えにする方法もあります。

花壇や庭に地植えする場合、ポットや鉢から出して地植えすると、地下茎でどんどん増殖するので、後の手入れが大変になってしまいます。

増えすぎを防ぐためにも、ポットや鉢に入れたまま植えたり、不織布にいれて根域を制限して植えましょう。

大きくなりすぎたアメジストセージの剪定・切り戻し

アメジストセージは生長のスピードが速く、茎が伸びやすいので、大きくなりすぎたら害虫や病気の予防のためには剪定をしたほうがよいでしょう。

アメジストセージの剪定・切り戻しの時期は6月~7月です。

切り戻しをすることで、新芽が出やすくなり、花付きもよくなります。剪定の際に切り戻したアメジストセージは、挿し木にすることもできます。

また、アメジストセージを手入れをするときは、葉っぱや茎の色も確認しましょう。変色をしていたり、虫食いがあれば取り除くようにしてください。

アメジストセージの花が終わったら?冬越し方法は?

アメジストセージの花が咲き終わったら、花がそのまま自然と落ちるまで放っておいて大丈夫です。

そのまま寒さが深まるにつれて地上部分は枯れてしまうのですが、このとき株下から枯れた枝葉をバッサリ切っておくといいです。

アメジストセージは地上部が枯れても地下で生きています。とはいえ、寒さには弱いので、霜が降りるような地域や寒冷地で栽培する場合は、土の上に腐葉土を5〜7cm盛ってマルチングをして冬越しさせましょう。

アメジストセージの挿し木

アメジストセージは挿し木で増やすことができます。セージは3~4年で老化が始まるため。挿し木でどんどん更新していきましょう。

枝の3分の1位の長さを切り取ったら水につけておきます。発根剤をつけてから、鉢に植えます。根付くまでは、しっかり水やりをしましょう。挿し木で増やすのに適しているのは5月~7月になります。

no-img2
家庭菜園士 七尾びび
「小粒赤玉土」「パーライト」「バーミキュライト」など、保水性・排水性のよい清潔な土をつかって挿し木するのもおすすめです。

アメジストセージの育て方で注意すべき病気・害虫

アメジストセージを育てる時に注意をしたいのが、ハダニやアブラムシといった害虫です。

まず、ハダニは気温が高くなると出やすくなります。どちらかというと乾燥した状態でも育つアメジストセージは、ハダニに葉を食いつくされると枯れてしまうこともあります。夏場のハダニ対策は、水やりをしっかりするということも大事です。

アブラムシは植物の新芽を狙って付く害虫です。こちらも葉や茎が枯れるなどの被害があります。また、病気の原因にもなります。肥料のやり過ぎでアブラムシが発生するということもあるので、予防のためにも肥料は与え過ぎないようにしましょう。

葉っぱや茎が混み合っていると虫による被害を受けやすいので、こまめに剪定をすると良いでしょう。

アメジストセージの育て方は簡単!むしろ大きくなりすぎに注意!

フラワーパークやハーブ園に行くとよく見かけるアメジストセージを自宅で育ててみませんか?鉢植えならベランダやバルコニーでも楽しめますし、地植えでも育てやすいハーブといえます。

剪定やお手入れをしっかりすれば害虫や病気にも強いですし、長く花を楽しむことができます。むしろ増えすぎや大きくなりすぎに注意しながら、お庭やベランダを紫の花で満開にしましょう。

育てた後はポプリやドライフラワーにして楽しんでくださいね。

※トップ画像は宏之助さん@GreenSnap

アメジストセージの新着コラム

人気のシルバーリーフ20選!おすすめ一覧や寄せ植えの見本!の画像

人気のシルバーリーフ20選!おすすめ一覧や寄せ植えの見本!

イングリッシュガーデンとは|自宅での作り方やおすすめの植物は?の画像

イングリッシュガーデンとは|自宅での作り方やおすすめの植物は?

【紫の花図鑑】人気品種を春、夏、秋、冬の季節ごとに分けてご紹介しますの画像

【紫の花図鑑】人気品種を春、夏、秋、冬の季節ごとに分けてご紹介します

アメジストセージの花言葉|花の香りや特徴、効能はあるの?の画像

アメジストセージの花言葉|花の香りや特徴、効能はあるの?

【秋の花図鑑30選】秋に咲く花の種類は?開花時期はいつから?の画像

【秋の花図鑑30選】秋に咲く花の種類は?開花時期はいつから?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

アメジストセージの基本情報

ジャンル
ハーブ
形態
多年草
学名
Salvia leucantha
別名
メキシカンブッシュセージ,サルビアレウカンサ
原産地
メキシコ、南米

アメジストセージの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
4月 、5月、9月、10月
肥料
4月 、5月、6月、7月、8月、9月、10月
開花
9月 、10月
剪定
7月

アメジストセージの新着投稿画像

ハーブの種類

バジルの画像

バジル

よく日のあたる場所で育てます。
ローズマリーの画像

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。
ラベンダーの画像

ラベンダー

日当たりと風通しのよい場所を好みます。
ミントの画像

ミント

日当たりの良い場所がよいですが、強い直射日光の場合、青葉が枯れたり生育が弱ることがあります。春~秋は...
パセリの画像

パセリ

香辛料や料理の彩りによく使われています。
オレガノの画像

オレガノ

日当たりのよい場所で育てます。蒸れ・多湿に弱い為、半日陰もよいでしょう。