警告

warning

注意

error

成功

success

information

フクジュソウ

『幸せを招く』『永久の幸福』『悲しき思い出』。「幸せを招く」「永久の幸福」は、花名に由来するといわれています。「悲しき思い出」はアドニスのギリシャ神話に由来します。江戸時代には春を1番に伝える花として「福告ぐ草」と呼ばれていました。このほかに「元日草」「朔日草」といった別名もある、新年を祝うおめでたい花です。
コラム
1件
投稿画像
5,913枚

フクジュソウの新着コラム

いいね済み
27
2020.02.26

福寿草(フクジュソウ)の花言葉|色別の意味や種類、怖い意味もある?

年の瀬になるとスーパーなどでも福寿草が売られるようになる、ポピュラーな草花の福寿草。福寿草と同じく、縁起のよい花として南天(なんてん)も一緒に飾られる...
by.greensnap

フクジュソウの新着投稿画像

いいね済み
154
なな
🍀【春】🍀 🐦ウグイスの初鳴きを 3日前にききました✌️ 🍀福寿草のお花と梅のお花 野鳥ルリビタキのメス、 カワセミくんと アセビの花にメジロくんと ウグイスくんです🍀 🍀身近な野鳥を掲載して みました。 ウグイス(鶯、鴬)は、スズメ目ウグイス科ウグイス属に分類される鳥類です。日本三鳴鳥の1つで、山梨県と福岡県の県鳥であり、日本の多数の市町村などの自治体指定の鳥です。 ウグイスは、北海道から九州まで広く分布しています。鳴く時期は沖縄や九州では例年2月頃から鳴き声が聞かれ、西日本から東日本では3月、北日本では4月~5月に聞かれます。秋から冬は、チャッチャッと鳴きますが、春になるとホーホケキョと鳴くようになり、巣作りを始めます。 ウグイスは、ウスリー、中国などの一帯と、日本全国に広く分布し、広く繁殖します。北海道や本州北部の積雪の多い地方のものは、冬期、低地や暖地に移動します。 ウグイスは、細身でオス・メス同色ですが、メスは2cmほども小さいのが普通です。日本では全国の平地から山地の林やその周辺にある藪で繁殖します。秋冬には山地のものは平地へ下ってきます。 ウグイスは、コマドリ、オオルリと並び、「日本三鳴鳥」に数えられています。うぐいす色と聞いて思いうかべるのは「うぐいす餅」などの色ですが、実際のウグイスは暗緑茶色です 🍀気温が上昇し、暖かくなってくると「ホーホケキョ」と鳴き、春の訪れを告げるのです。 そしてこうした「鶯の初鳴き」は梅や桜の開花日と同様、現在でも気象庁が生物季節観測として全国的に観測を行っています。 🍀アセビのお花🍀 早春に穂になって咲く小さな白い花や、紅色の新芽、濃い緑色の葉が美しいアセビには、日本のアセビ(Pieris japonica)のほか、ヒマラヤ地域から中国雲南省などに分布するヒマラヤアセビ(P. formosa)などが庭木や鉢物として栽培され、園芸品種も数多くあります。 アセビの仲間(アセビ属)は、アジア東部、北アメリカ、キューバに約7種が分布する常緑低木です。日本にはアセビ(P. japonica)とリュウキュウアセビ(P. japonica ssp. koidzumiana)が自生します。 葉や茎には、有毒のアセトポキシンが含まれているため、馬が食べると毒にあたって酔ったようにふらふらとした足取りになることから、漢名で馬酔木(アセビ)と書かれるようになったとされます。 🐦野鳥ルリビタキのメス🐦 背中全体が褐色で腰から尾羽にかけて瑠璃色です。両脇が雄より薄いオレンジ色です。 ルリビタキのオスは頭部から背中、尾まで明るい青い色をしています。白い腹部と、脇腹のオレンジ色の配色も特徴的です。 ルリビタキのメスと雄の見分け方としては、メスの場合は眼の位置がクチバシよりやや上位ですが、雄の場合はその逆です。上下の差は僅かです。 ルリビタキは群れを作らず単独で生活しますが、繁殖期には番(つがい)で縄張りを形成します。地上に枯葉や苔などでお椀型の巣を作り、1回に3~6個の卵を産みます。 🐦道路に何故か降りてきて ポーズをとるルリビタキの メスです。 近い近い 近すぎてピンが 合わないよー。でしたꉂ🤣𐤔 🏷【額縁シリーズ】 🏷コラージュ仲間達 今日も参加させて くださいね❣️(●︎´▽︎`●︎)
いいね済み
37
いいね済み
かぷりん
早春の庭のいろいろ。 【1枚目】早春といえば福寿草! うちも咲いてますよー😊 ヒヤシンスも咲いてきました。何年物だろう? ずいぶん小さくなりました😁 【2枚目】毎年咲かないスノードロップ😂 たまに1輪だけ咲いたりします。 植え広げた方がいいのかな? そもそも肥料なんかやってないからそこからかな?😅 【3枚目】アジュガ・チョコーレートチップはモリモリで蕾もいっぱい😆 そして面白いこと発見💡 左は日当たりの良い場所の子、右は日陰の子で、こんなに銅葉っぷりが違います。全く別の品種みたいですが、左の銅葉の子は右の場所からちぎって植え込んだものなので、そもそも同じ株なんです。銅葉には日当たりって大事なのね🧐 それにしても、当初購入した1苗からこんなに繁殖しちゃうんですね💦 左の日向の子は、飛び飛びで植え込んでからまだ2年目ですが、もうギュウギュウに詰まっちゃってます。春には可愛いブルーのお花も咲くし、年中このくらいの草丈なのでグランドカバーには最適😁👍 【4枚目】サルビア ネモローサ・カラドンナはどうやら芽吹いたようです。今年も楽しみ😊 【5枚目】一方、こちらのサルビア・レウカンサ、別名アメジストセージさんは冬もずっと緑を保っています。これは寒さに強いのかな? 昨季はマイナス5度まで下がった大寒波の時に地上部が枯れましたが、今季は元気で、しかも先端に花が咲いてますよ😳 いつかしおれるだろうと待っていても元気なので、そろそろバッサリ切ろうかな😅

フクジュソウの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Adonis amurensis
別名
元日草,朔日草
原産地
日本、東アジア

フクジュソウの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
普通
耐暑性
普通
耐陰性

時期

種まき
4月, 5月
植え付け・植え替え
9月, 10月, 11月
肥料
3月, 4月, 5月
開花
2月, 3月, 4月

花の種類

ニリンソウ

年間を通して明るい日陰で育てます。

カキドオシ

ニワゼキショウ

ヒメイワダレソウ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし

ガザニア

日当たりと風通しのよいところで育てます。

オキザリス

850種ほどあるといわれ、低木のものや球根をもつもの、多肉植物に近いものなど見た目も様々。

カシワバアジサイ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。半日陰がよいでしょう。

カサブランカ

スキミア・ジャポニカ

ユスラウメ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

バニラ

日当たりの良い場所を好みます。ただし夏は半日陰で育ててください。

アジュガ

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。

ミヤコワスレ

軽く湿った明るい半日陰

ヒサカキ

半日陰が最適ですが、日向や日陰でも育てることが出来ます。